ベトナムは旧正月の準備

日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたのですが、ちょっと市内を散策してみました。

街は2月16日(金)の旧正月に向けての準備をつくづく感じました。それまでは、クリスマス、正月の雰囲気があったのですが、街の雰囲気、飾りがすっかり変わった感じがします。

中心街でも大通りや大きな店では旧正月の飾りが目立つようになりました。また語学学校の近くにあるサイゴン神学校の前の通りも一変してしまいました。

それまではとても高い木が植えられ、暑い直射日光を遮るのにとてもよかったのですが、伐採されたため、直射日光をモロに感じるようになりました。

今日は曇っていて、それを直接に感じることはありませんでしたが…。ベトナム戦争前から植えられていた木でしょうが、もったいないような…。

これも旧正月に向けての準備なのでしょうか…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. とまにちわ!なぜかまたもしても、遠足の幹事に・・・。とはいっても、場を盛り上げるでもなく…
  2. 百村神父さんは2017年9月11日(月)の早朝、帰天されました。当日、私はいつもの早朝散歩か…
  3. 毎年9月最後の日曜日は、「世界難民移住移動者の日」となっています。シリアをはじめ、世界の各地で、難民…
  4. 初誓願の感想について書いてと言われました。パウロ会員になって誰よりも聖パウロのことをよく知ってい…
  5. 教会の入り口にある聖水は、初代教会から置かれていたのでしょうか。聖水に指を浸して十字架のしるしをしま…
PAGE TOP
Translate »