家庭の友 2018年2月号

毎年2月11日は、「世界病者の日」にあたっております。自分自身の病気や周りの方々の病気について考える機会かもしれません。今回の特集では、国内でもカトリックの精神に基づいて病人の方々に寄り添っておられるたくさんの病院・施設がありますが、その中から聖フランシスコ病院のシスター古川正子さん、医療法人ガラシア会の石丸伸司さん、桜町病院のシスター池田順子さんに執筆していただきました。発行は2018年1月10日頃を予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 大阪の登美ヶ丘高校にダンス部があり、このダンス部は、NHKの紅白に出たり、沢山のコンクールで賞を取っ…
  2. 先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでし…
  3. アルベリオーネ神父は、一九一四年に聖パウロ修道会を創立したが、その数年前から幾人かの青少年を未来の会…
  4. 日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたの…
  5. 永富久雄神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分自身…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 11月下旬ともなると、サイゴン市内もクリスマスの飾りが目につくようになりました。コー…
  2. とまにちわ!ワケあって手に入った、長崎は五島列島のお土産。五島と言えば、世界遺産候補の長…
  3. 「コリントの人々への第二の手紙」を読む講師:山内堅治(聖パウロ修道会司祭)全3回 午前10:…
  4. 聖パウロはコリントの教会に宛ててたくさんの手紙を書いたと聞きました。新約聖書にある『コリントの信徒へ…
  5. 2017/5/31

    聖母の訪問
    5月31日は、聖母の訪問の祝日です。これは、神の子イエスを身ごもったマリアが、親戚のエリサベトを訪れ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »