宣教のふしぎ 小島次郎修道士

道・真理・生命のキリストに従って歩むこと、創立者ヤコブ・アルベリオーネと共にキリストのしもべとなるよう歩みを進めるなか、同じように召され、その使命に生きようとしている兄弟姉妹のことを思います。一人は聖母訪問会に、一人はサレジアン・シスターズに、一人はサレジオ会に。神の呼びかけにこたえて、それぞれの場で、それぞれの役割を果たしています。これは私にとって一番大きな心の支えです。共に同じ道を歩んでいるという感覚は心強い味方です。

初誓願(1989年)

南米のコロンビアに行ったときのことです。そこは日本よりも貧富の差が激しい国でした。車で移動し、信号で止まるたびに物売りの子供たちが寄ってきては声をかけてきました。運転をしている友だちの後部座席にはいつもパンがおいてありました。物売りの子供たちにあげるためでした。「パンしかあげることはできないんだよ」という彼に「どうして?」って尋ねると、「お金はすべて親が取り上げてしまうから」。

隣人が必要としているものに応える彼の行為は、まさしくイエスが行なったことを継承しているものでした。

本人左(2017年)

イエス・キリストを伝える形は様々です。それぞれの立場で与えられた使徒職を果たす。でも、ほんとに隣人が必要としているのは優しさや思いやり、支えや励ましなのです。

子どもたちにパンを分けてあげようと思う心、それこそが宣教の始まりであり、またすべてなんだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 大阪の登美ヶ丘高校にダンス部があり、このダンス部は、NHKの紅白に出たり、沢山のコンクールで賞を取っ…
  2. 先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでし…
  3. アルベリオーネ神父は、一九一四年に聖パウロ修道会を創立したが、その数年前から幾人かの青少年を未来の会…
  4. 日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたの…
  5. 永富久雄神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分自身…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 【手作り感あふれる叙情的な修道院のワイン】今日は、修道院製品販売の<サンパオリーノ>から、オースト…
  2. ピザではなくビザです。わたしたち日本管区はベトナムと強い絆を持って活動しています。ベトナムで…
  3. 【マザー・テレサ列聖記念ミサ(東京)のお知らせ】マザー・テレサの列聖記念ミサが東京でも行われます…
  4. 1月20日に記念される聖セバスチアノは、3世紀あるいは4世紀初めにローマで殉教した聖人です。セバスチ…
  5. 「ある母親の一人息子が死んで運び出されるところであった。その母はやもめ」(ルカ7・12)ということば…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »