お父ちゃんに祈るという種 年間第17主日(ルカ11・1~13)

ある人から、「ブラザーは祈ったことがありますか。本当に祈って聞き入れられますか。祈っても一向に良くなりません。」と言われたことがあります。その方は、洗礼を受けていますし、以前は、熱心にミサにも与っていましたが、最近は、長い間ミサには与っていないそうです。私は、その方がどのような気持でこの質問をされたのか分かりません。きっと、苦しいことがあったのに、そこから救われなかった、助けてもらえなかったという過去の出来事があったのかもしれません。

私たちは、ときどき、【祈り】を勘違いしてしまうことがあります。「これだけ祈っているのに、何も聞き入れてくれない。これだけ、熱心に祈ったら当然暮らしも良くなるはずだ。」と何かご利益的な、自己中心的な祈りになってしまう傾向があります。しかし、あくまでも祈りの実りは、おん父からの恵みではないかと思うのです。時には、私たちの心の中をゆっくり振り返ることも大切なのかもしれません。

きょうのみことばは、弟子たちがイエス様に自分たちの祈りを教えて欲しいと願う場面から始まります。みことばは、「イエスはある所で祈っておられた。祈りが終わると、弟子の1人がイエスに言った『主よ、ヨハネも弟子たちに教えたように、わたしたちに祈りを教えてください』。」という一節から始まっています。ルカ福音書の中でイエス様は、何か大切なことを伝えたり、決めたりされる前に必ず祈られる場面が出てきます。今回も弟子たちに【主の祈り】を伝えるという前に、イエス様ご自身が祈っておられます。イエス様は、弟子たちがご自分の祈っている姿を見て、「自分たちも祈ってみたい」という気持になっているということをご存知だったのかもしれません。また、弟子たちも「ヨハネは、彼の弟子たちに『祈り』を教えているのに、自分たちの主は、自分たちには『祈り』を教えてくださっていない」と思っていたのかもしれません。イエス様は、弟子たちが自発的に「祈りたい」という気持になったことをきっと喜ばれたことでしょう。

イエス様は、私たちがミサの時や「ロザリオの祈り」の時、また、一番良く唱えている「主の祈り」を弟子たちに教えられます。イエス様は、この主の祈りの初めの言葉として、「父よ、み名が聖とされますように。み国が来ますように。」と祈るように、と伝えます。この「父よ」という言葉は、子どもたちが「お父ちゃん」というような響きがあります。イエス様は、「おん父」に対して祈るということは、「子どもたちが父親に何かをねだるように、大好きな父親にお願いしたら何でもかなえてくださると信じるような気持で祈りなさい」と私たちに教えてくださっているのではないでしょうか。

まず、イエス様は、「おん父」への呼びかけと祝福から始まります。その次に、「わたしたちの日ごとの糧を、日ごとに、お与えください。」と私たちへの祈りへと移っています。それから「わたしたちの罪をお赦しください。わたしたちに負い目のある人をみな、わたしたちも赦します。」と私たちとおん父との関係、私たちと周りの兄弟への祈りへ続きます。そして、最後に「わたしたちを誘惑に遭わせないでください」と再び、私たち自身のことへと戻ります。私たちは、この短い祈りをゆっくり黙想する中で、イエス様の限りない“いつくしみの愛”を感じるのではないでしょうか。

イエス様は、「主の祈り」を弟子たちに伝えた後に、たとえを使って具体的な祈り、生活に密着した祈りの仕方を教えられます。イエス様は、友人が自分の家に訪ねて来た旅人のために、パンを貸して欲しいと願いに来るという喩えを用います。パレスチナ地方は、昼間は暑いために涼しくなる夕方を待って旅に出ていたそうです。そのために、「真夜中」に旅人は、友人宅に訪ねて来たのでしょう。イエス様は、この喩えの最後に「その執拗さに起き出して、必要なものを何でも貸してくれるだろう。」と言われます。彼は、自分のところに訪ねて来た旅人に「パン」を与えてもてなしてやりたい、という必死な気持で友人のところに行ったのでしょう。イエス様は、この【執拗さ】が祈りには、大切ということを伝えてくださっているのではないでしょうか。

イエス様は、「あなた方に行っておく」と強調されて、「求めなさい」「探しなさい」「たたきなさい」という「【執拗】な祈り方」を教えられます。そして、最後におん父が私たちに【聖霊】をくださることをお約束されます。私たちは、まず、祈りの中でおん父に「【聖霊】をください」と【執拗】に祈ってはいかがでしょう。私たちが「お父ちゃん」と「おん父」に対して、【執拗】に祈ったときに、おん父は、喜んで【聖霊】を与えてくださるのではないでしょうか。
きょうのみことばは、私たちに【祈り】の豊かさ、深さを味わう材料があるような気がいたします。このみことばをゆっくり黙想して、もっと「お父ちゃん」に祈ることができたらいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017/7/21

    万人司祭職
    「初代教会の信徒たちは全員が祭司だと考えていた」という指摘がありましたが、その根拠が知りたいです。…
  2. 東日本大震災後77カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 麦と毒麦、稲と稗。どちらも苗が小さい時には区別がつけにくいものですが、大きく成長してくるにつれて見分…
  4. 2017/7/19

    2. 生い立ち
    ヤコブ・アルベリオーネは、一八八四年(明治一七年)四月四日北イタリアはピエモンテ州クオネ県フォッナー…
  5. 私のパウロ会との出会いは1954年のことです。聖パウロ女子修道会の二人のシスター(シスター・ローザさ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 【日本語聖書の定番「新共同訳」と、世界で愛読者急増中の“English Standard Versi…
  2. 2017年6月30日、聖パウロ協力者会が設立されて100周年になりますが、この機会に韓国のソウルにあ…
  3. 2017年4月23日(日)の午前7時から、ベトナムのホーチミン市内のフランシスコ会の神学院で助祭・司…
  4. 2017/7/21

    万人司祭職
    「初代教会の信徒たちは全員が祭司だと考えていた」という指摘がありましたが、その根拠が知りたいです。…
  5. 中学生や高校生のころ、視力は裸眼で1.5くらいありました。眼鏡も不要で、とても快適でした。それが年齢…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »