お父ちゃんに祈るという種 年間第17主日(ルカ11・1~13)

ある人から、「ブラザーは祈ったことがありますか。本当に祈って聞き入れられますか。祈っても一向に良くなりません。」と言われたことがあります。その方は、洗礼を受けていますし、以前は、熱心にミサにも与っていましたが、最近は、長い間ミサには与っていないそうです。私は、その方がどのような気持でこの質問をされたのか分かりません。きっと、苦しいことがあったのに、そこから救われなかった、助けてもらえなかったという過去の出来事があったのかもしれません。

私たちは、ときどき、【祈り】を勘違いしてしまうことがあります。「これだけ祈っているのに、何も聞き入れてくれない。これだけ、熱心に祈ったら当然暮らしも良くなるはずだ。」と何かご利益的な、自己中心的な祈りになってしまう傾向があります。しかし、あくまでも祈りの実りは、おん父からの恵みではないかと思うのです。時には、私たちの心の中をゆっくり振り返ることも大切なのかもしれません。

きょうのみことばは、弟子たちがイエス様に自分たちの祈りを教えて欲しいと願う場面から始まります。みことばは、「イエスはある所で祈っておられた。祈りが終わると、弟子の1人がイエスに言った『主よ、ヨハネも弟子たちに教えたように、わたしたちに祈りを教えてください』。」という一節から始まっています。ルカ福音書の中でイエス様は、何か大切なことを伝えたり、決めたりされる前に必ず祈られる場面が出てきます。今回も弟子たちに【主の祈り】を伝えるという前に、イエス様ご自身が祈っておられます。イエス様は、弟子たちがご自分の祈っている姿を見て、「自分たちも祈ってみたい」という気持になっているということをご存知だったのかもしれません。また、弟子たちも「ヨハネは、彼の弟子たちに『祈り』を教えているのに、自分たちの主は、自分たちには『祈り』を教えてくださっていない」と思っていたのかもしれません。イエス様は、弟子たちが自発的に「祈りたい」という気持になったことをきっと喜ばれたことでしょう。

イエス様は、私たちがミサの時や「ロザリオの祈り」の時、また、一番良く唱えている「主の祈り」を弟子たちに教えられます。イエス様は、この主の祈りの初めの言葉として、「父よ、み名が聖とされますように。み国が来ますように。」と祈るように、と伝えます。この「父よ」という言葉は、子どもたちが「お父ちゃん」というような響きがあります。イエス様は、「おん父」に対して祈るということは、「子どもたちが父親に何かをねだるように、大好きな父親にお願いしたら何でもかなえてくださると信じるような気持で祈りなさい」と私たちに教えてくださっているのではないでしょうか。

まず、イエス様は、「おん父」への呼びかけと祝福から始まります。その次に、「わたしたちの日ごとの糧を、日ごとに、お与えください。」と私たちへの祈りへと移っています。それから「わたしたちの罪をお赦しください。わたしたちに負い目のある人をみな、わたしたちも赦します。」と私たちとおん父との関係、私たちと周りの兄弟への祈りへ続きます。そして、最後に「わたしたちを誘惑に遭わせないでください」と再び、私たち自身のことへと戻ります。私たちは、この短い祈りをゆっくり黙想する中で、イエス様の限りない“いつくしみの愛”を感じるのではないでしょうか。

イエス様は、「主の祈り」を弟子たちに伝えた後に、たとえを使って具体的な祈り、生活に密着した祈りの仕方を教えられます。イエス様は、友人が自分の家に訪ねて来た旅人のために、パンを貸して欲しいと願いに来るという喩えを用います。パレスチナ地方は、昼間は暑いために涼しくなる夕方を待って旅に出ていたそうです。そのために、「真夜中」に旅人は、友人宅に訪ねて来たのでしょう。イエス様は、この喩えの最後に「その執拗さに起き出して、必要なものを何でも貸してくれるだろう。」と言われます。彼は、自分のところに訪ねて来た旅人に「パン」を与えてもてなしてやりたい、という必死な気持で友人のところに行ったのでしょう。イエス様は、この【執拗さ】が祈りには、大切ということを伝えてくださっているのではないでしょうか。

イエス様は、「あなた方に行っておく」と強調されて、「求めなさい」「探しなさい」「たたきなさい」という「【執拗】な祈り方」を教えられます。そして、最後におん父が私たちに【聖霊】をくださることをお約束されます。私たちは、まず、祈りの中でおん父に「【聖霊】をください」と【執拗】に祈ってはいかがでしょう。私たちが「お父ちゃん」と「おん父」に対して、【執拗】に祈ったときに、おん父は、喜んで【聖霊】を与えてくださるのではないでしょうか。
きょうのみことばは、私たちに【祈り】の豊かさ、深さを味わう材料があるような気がいたします。このみことばをゆっくり黙想して、もっと「お父ちゃん」に祈ることができたらいいですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私たちにとって身近な人の死は、とても悲しく辛いものです。しかし、たとえ肉体的には、見ることも、肌に触…
  2. 2017/5/26

    主の昇天
    主の昇天の祭日は、本来は、使徒言行録の記述にしたがって(1・3−)、復活の主日から40日後に祝われま…
  3. 教会は、5月26日に聖フィリポ・ネリを記念します。この聖人は、1515年にイタリアのフィレンツェで生…
  4. 主の昇天の具体的な状況については、今日の第一朗読の中(使徒1・6~11)に出てきます。福音の箇所では…
  5. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへの聖母月のメッセージをお届けします。ぜひご覧く…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 総長ヴァルディール・ホセ・デ・カストロ神父は、2017年1月18日、ポルトガル-アンゴラの地区長とし…
  2. 気分転換で落語を聴きに行くと、ほっとしたりします。国内線の飛行機に乗り、よく落語の番組を聴いたりもし…
  3. 私たちは、聖堂や私たちの部屋や身近なところにある十字架のキリストを見て、この方が王とは感じないのでは…
  4. 「不正な管理人」というタイトルが付けられると、不正を公認しているかのように感じます。最近、舛添都知事…
  5. ユダヤ教の過越祭とカトリック典礼の「聖なる過越の三日間」とは、どのような関連があるのでしょうか?…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »