おもてなしの心 待降節第二主日(マルコ1・1~8)

今年は東京オリンピック(1964年)が開催されてから53年になります。このオリンピックを境に、日本は高度成長期に入りました。その頃、東海道新幹線が東京と大阪間を走るようになり、首都高速が完成して物の流れがスムーズになり、戦後復興の目覚ましい時を過ごしました。53年が過ぎた今、2020年の東京オリンピックに向けて準備がスタートしています。このオリンピック誘致の際、いろいろなドラマがありました。オリンピック開催に向けて日本のよさをアピールするために、「おもてなし」の心が盛んに叫ばれました。他の国にない日本の素晴らしい側面が示された時です。

「おもてなし」は「持て成す」という言葉に由来し、「御馳走する」「歓待する」「取り扱う」「待遇する」と言った意味があります。お客さんにとっては、「おもてなし」があればあるほど、とても心地よい気分になるものです。例えば宿を取った時、部屋に一輪の花があると季節感を感じるし、暑い日に部屋に入った時、すでにクーラーがつけてあるととても気持ちがよいものです。いろいろな場面で「おもてなし」の心が息づいています。

洗礼者聖ヨハネもまた、イエスをおもてなしする人物のように感じます。決して表には出ないで、イエスを引き立たせようとするところに彼の大きな魅力があります。「わたしは身をかがめて、その方の履き物の紐を解く値打ちさえない」(マルコ1・7)と語ります。イエスがメインであって自分は一歩下がった感じです。決して自分が表に出ないで、相手を心地よく歓待する姿勢が、洗礼者ヨハネにはよく見えてきます。ここに「おもてなし」の原点があるようにも感じます

相手を心地よくする「おもてなし」の心を、洗礼者ヨハネから感じることができるではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
  2. 視聴期限:2017年12月19日10時00分まで。イルミネーションで満ちあふれ、ウキウ…
  3. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  4. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  5. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 先月6月30日の聖パウロの祝日に、無事、終生誓願を宣立することができました。これも兄弟姉妹である聖パ…
  2. 德田隆仁修道士(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。修道士の素顔が垣間…
  3. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  4. 最近、水がおいしくなったなあと思います。以前、東京でも福岡でも、カルキの臭いが強かったのですが、今で…
  5. 日本の教会では、聖アガタおとめ殉教者を2月6日に記念します。(「日本の教会では」と記したのは、全世界…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »