ハチの巣の処理

一か月半くらい前に、ホーチミン共同体のベランダでハチが飛び交うようになり、そのうちハチの巣ができて、けっこう大きくなりました。一人の神学生は、べランドを掃除していたら、ハチに刺されてしまいました。

そろそろ待降節に入ることもあり、オーナーさんにクリスマスの飾りとイルミネーションを付けるようにお願いされているのですが、このハチの巣を処理しないと飾りがつけられません。

このことを知った守衛さんが、11月29日の午後7時ごろ、ハチの巣を処理することになりました。ベトナムではどのようにするのか、ちょっと興味もありまして…。

まずハチの巣の周辺の小枝を落としていきました。数匹のハチが飛び回っていますが、向かってくる様子はありません。作業をしやすいほどに小枝を落とした後、ハチの巣周辺で火を焚き始めました。もちろん火事にならない程度です。消防車が気になりましたが…。

ある程度燃えたら、煙をたて、巣のほうへ煙をあおりました。ハチは暴れる様子がありません。その後、守衛さんは体全体を網で多い、頭の部分はビニールの袋で覆い、ハチの巣の処理。処理と言っても白い袋に包み込む感じでした。一分もしないうちに無事に捕獲。袋を開けるとハチが飛んでいくので、そのまま守衛さんが持って帰りました。

聞くところによれば、この巣をお酒につけるととてもおいしいようです。守衛さんは腕の所を一か所、ハチに刺されましたが、ハチの巣を捕獲したほうが大きな喜びのようで…。

残った巣をなめてみましたが、ハチミツの感じでした。そりゃハチなのでね…。でも日本では、とてもできないようなハチの捕獲劇でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
  2. 視聴期限:2017年12月19日10時00分まで。イルミネーションで満ちあふれ、ウキウ…
  3. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  4. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  5. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 10月28日は聖シモンと聖ユダ使徒の祝日です。この「そよかぜカレンダー」では、すでに何人かの使徒たち…
  2. 2017年10月29日(日)、聖パウロ修道会若葉修道院(東京)でパウロ家族研修会(パウロ家族の集い)…
  3. 【2016年度 サンパウロ夏期休業日のお知らせ】平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます…
  4. 6年前の6月19日に高松教区で諏訪榮治郎司教様の司教叙階式が行われ、その式に参列しました。とても家族…
  5. 聖書を読んだり、塗り絵をしたり、質問に答えたりしながら、楽しく聖書を学べる絵本です。教育施設や教…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »