奉仕の精神 王であるキリスト(マタイ25・31~46)

今日は「王であるキリスト」の主日です。「王」という言葉は、部族や種族の長たる者を「王」と呼んだり、「君主」、ある特定の分野で頂点に立つ者を「王」と呼んだりします。

キリストが「王」である時、支配、権威、力のような意味合いよりも、私たちのために死に、復活された勝利の王を指しています。その生涯も人に対して支配的なものではありませんでした。貧しい誕生から始まり、罪深い人、貧しい人に手を差し延べ、福音を告げ知らせました。最後は全ての人々の救いのために、いばらの冠をかぶせられ、鞭打たれ、嘲笑され、十字架につけられました。でも死に打ち勝ち、復活することによって勝利の王キリストを示されます。こうした歩みだからこそ、どんなに小さな、弱い人々にも手を差し延べることができたのではないでしょうか。

王は右側の者に対して「あなたがたによく言っておく。これらのわたしの兄弟、しかも最も小さな者の一人にしたのは、わたしにしたのである」と。左側の者に対しては「これらの最も小さな者の一人にしなかったのは、わたしにしなかったのである」と語ります。右側の人は自分が配慮したことを気にしていません。それに対して左側の人は自分がいろいろな人たちに世話してあげたことを主張しています。しかし、王の裁定は厳しいものでした。つまり、「相手のために何かをしてあげる」という姿勢ではなく、評価されなくても相手のために謙虚に奉仕していくことの重要さを教えます。

2011年3月11日に大震災が起こり、たくさんのボランティアが派遣されていきました。私の修道会からも合計7名、ボランティアに参加しました。これに先立ち、事務局の方から「ボランティアに参加する方々は強制されて来ることのないように」という内容の指示をいただきました。参加した7名も、自分の意志で、しかも奉仕の精神を肝に銘じて参加していました。

たとえ他人に評価されなくても、目立たなくても、奉仕し続ける素晴らしさを教えてくれます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 大阪の登美ヶ丘高校にダンス部があり、このダンス部は、NHKの紅白に出たり、沢山のコンクールで賞を取っ…
  2. 先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでし…
  3. アルベリオーネ神父は、一九一四年に聖パウロ修道会を創立したが、その数年前から幾人かの青少年を未来の会…
  4. 日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたの…
  5. 永富久雄神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分自身…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. とまにちわ!ワケあって手に入った、長崎は五島列島のお土産。五島と言えば、世界遺産候補の長…
  2. ベトナム語の語学学校に通う時、いつもバスを使っていますが、そのバス停まで7~8分ほどかかります。通常…
  3. 東日本大震災後77カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 塩と光にはどんな意味が込められているのでしょうか。「塩」は調味や防腐に用いられ、人間の生活のために重…
  5. 明日、10月19日は福者ティモテオ・ジャッカルド神父の記念日です♪福者ティモテオ・ジャッカルド神…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »