タラントの活用法 年間第33主日(マタイ25・14~30)

「タラント」はギリシアで用いた計算用の単位で、6000ドラクメに相当します。1ドラクメがローマの銀貨1デナリオンと等価で、一日の賃金にあたり、一タラントは当時の約16年分の賃金に相当します。仮に一日一万円の賃金として、365日に16年をかけると、5840万円になります。これが5タラントともなると2億9200万円。

5タラント預った人は別に5タラントもうけます。つまり約3億円を別に稼ぐことができました。自分の能力を最大限に活用したのでしょう。どうやって稼いだかは分かりませんが、雰囲気からして相当の努力をしたのでしょう。二タラント預かった人も、ほかに二タラントもうけるほどの努力でした。両者に対して主人は「善良で忠実なしもべ」と言います。「善良」はギリシア語で「アガトス」、「忠実」は「ピスティス」が使われ、特に「ピスティス」は「信仰」とも訳されます。つまり「善良で信仰深いしもべ」ということになるでしょうか。

一タラント預かった人でも相当の金額です。約5840万円なので、この金額に腰を抜かし、驚いたのかもしれません。紛失しないようにと安全のために土に埋めておきました。その心境が分からないでもありません。でも主人は「なまけ者の悪いしもべ」と形容します。確かに預かったもので何か工夫しようとするのではなく、一番安全な方法を取ってしまいました。

5タラント、2タラント預った人に対しては「わずかなものに忠実」と表現します。私たちの感覚では二人とも莫大な金額に思えますが、神様の前では「わずかなもの」になるのでしょう。しかも「忠実」はギリシア語で「ピストス」が使われ、「信仰」(ピスティス)に近い言葉です。つまり「わずかな信仰」でも、私たちに大きな恵みが与えられることを教えてくれます。
タラントのたとえを通して、私たちの才能や信仰の在り方を考えさせられます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 大阪の登美ヶ丘高校にダンス部があり、このダンス部は、NHKの紅白に出たり、沢山のコンクールで賞を取っ…
  2. 先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでし…
  3. アルベリオーネ神父は、一九一四年に聖パウロ修道会を創立したが、その数年前から幾人かの青少年を未来の会…
  4. 日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたの…
  5. 永富久雄神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分自身…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 今回は、1月17日に祝われる聖アントニオ(エジプトの)修道院長を取り上げたいと思います。「聖アントニ…
  2. 2016/9/14

    十字架称賛
    9月14日は十字架称賛の祝日です。私たちはいつも教会の中で十字架を目にしていますし、祈りの中で何度と…
  3. 「食べる」という言葉を、ギリシア語で主に3つ見いだすことができます。よく使われるのが「エスティエイン…
  4. とまにちわ!おみやげでもらったベトナムコーヒー。なんでも、ベトナムはコーヒー生産国第二位…
  5. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »