サイゴン市内にあるベネディクト会の黙想の家で年の黙想

11月5日から10日まで、サイゴン市内にあるベネディクト会(女子)の黙想の家で年の黙想をしてきました。

中心街から車で30分くらい行った郊外(トゥードゥック区)にあり、静かな環境の所です。

ちょうど飛行機の着陸コースに入っていて、飛行機が通る時は騒音ですが、それを気にしなければ、快適です。

朝は4時30分から朝の祈りがありますが、ちょっと早すぎるので、朝6時からのミサに参加しました。

ミサにはシスターたち、修練者、志願者を入れて80名くらい、信徒も合わせると150名近くいました。

毎日、司式司祭は交代していて、初日はイエズス会、二日目はドミニコ会、三日目は教区司祭、四日目はサレジオ会、五日目はベネディクト会の司祭で、ミサの初めにあたり、いつも司式司祭に紹介されたのですが、後半になってからは、シスターたちはみんな知っているのに、司式司祭だけが知らないというような状況で…。

その度に何となく照れくさい感じでした。ミサが終わって15分くらいして、朝食。その後、ゆっくりと黙想しました。

昼食は11時30分で、その後、昼寝をして、再び黙想。午後4時15分から晩の祈りがあるので、それに参加しました。

約1時間の祈りですが、とても歌がきれいで、意味が分からなくても心に響いてくる感じでした。

夕食は午後6時。午後7時45分から寝る前の祈りと読書課。約45分くらいの祈りでしたが、静けさの中に、祈りの深さを感じました。

そんなことで、ゆっくりとした一週間を過ごしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 大阪の登美ヶ丘高校にダンス部があり、このダンス部は、NHKの紅白に出たり、沢山のコンクールで賞を取っ…
  2. 先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでし…
  3. アルベリオーネ神父は、一九一四年に聖パウロ修道会を創立したが、その数年前から幾人かの青少年を未来の会…
  4. 日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたの…
  5. 永富久雄神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分自身…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. とまにちわ!6月30日は「使徒パウロ」の祝日。パウロ家族固有の祝日です。今年も、若葉…
  2. 2017/4/8

    受難の主日
    受難の主日から聖週間が始まります。フィリピ2章6〜11節は受難の主日のミサの第二朗読で読まれるだけで…
  3. 夏から秋の田んぼを見ると、たくさんのお米をつけた稲を目にすることができます。その実った稲を見る時、自…
  4. 今日は2017年5月13日。ファティマで聖母がご出現になってからちょうど百年になります。…
  5. ミサに参加すると、教会によって祭壇上のろうそくの本数が違ったりすることがあります。本数についての決ま…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »