よい準備 年間第32主日(マタイ25・1~13)

「十人の乙女のたとえ」を通して、私たちがふだんからどのように準備していくかを問いかけてくれる内容です。

2011年6月、私の叔母がクモ膜下出血のため71歳で亡くなりました。叔母は20代半ば、お見合いで結婚。相手の男性は小学生の時に耳を悪くし、それ以来全く聞こえない方でした。二人の子供に恵まれ、家庭は貧しかったけれど、お互いに支え合って生活しました。ご主人は耳が聞こえないので、会話の時は叔母が言葉を発しながら指で文字を書き、ご主人がそれに答える。例えば「学校」という時には、叔母は「がっこう」と発音しながら、指で「が・っ・こ・う」と書いていく。するとご主人が「がっこう」と答える。とても不自由な生活でしたが、不幸だとは思いませんでした。

叔母が60代半ば頃、ご主人は寝たきりの生活になりました。自宅での介護が難しく、バスで15分くらいの所にある養護老人ホームにお世話になりました。叔母は毎日、老人ホームに通い、着替え等を持って行き、いつも枕元で話しかけていました。2010年の秋、叔母といっしょに老人ホームを訪問しました。いつものように着替えを手に持ち、ご主人に優しく語りかけていました。結婚したことを決して後悔していないこと、貧しかったけれど幸せな人生であったことなど…。

ある日の午後、いつものようにご主人の着替えを持参してバスに乗って老人ホームに向かいました。ところが途中で具合が悪くなり、乗客が介護してくれました。バスは終点まで走り、その後、とても親切な運転手が病院を手配してくれました。たくさんの人の手助けにもかかわらず翌日、叔母はクモ膜下出血のため帰天。ハンドバッグの中には、子供たちの連絡先やご主人に関する必要事項を記したメモが残っていました。いつ具合が悪くなってもいいように準備していたのかもしれません。ご主人をずっと看病していたので、ご主人より先に亡くなるとは誰も考えていませんでした。

ふだんからよい準備をした人の歩みを身近に感じた思いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 一九○八年十月に、アルベリオーネ神父は、母校であるアルバ神学校に呼び戻され、教授、霊的指導者、及び聴…
  2. マタイによる福音書25章31節~46節人の子が栄光に包まれ、すべてのみ使いを従えてくると…
  3. みなさん、こんにちは。聖パウロ修道会の山内神父です。私は去年の7月からベトナムのホーチミン市…
  4. 典礼は年間の最後が近づくということで、少し私たちの歩みを振り返ってみてもいいのかもしれません。…
  5. とまにちわ!ワケあって手に入った、長崎は五島列島のお土産。五島と言えば、世界遺産候補の長…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 教皇ヨハネ・パウロ2世は、1981年に来日し、被爆地の広島を訪れたときに、「平和アピール」を打ち出し…
  2. 2017年5月5日~9日、イタリアのシチリアでパウロ家族の集いが行われ、総長のヴァルディル・ジュセ・…
  3. 「冠婚葬祭」は、私たちにとって特別なことではないでしょうか。結婚式は皆なで、新郎新婦を祝い、喜びを分…
  4. 聖ヒエロニモの記念日は9月30日です。ヒエロニモは、4世紀半ば(おそらく347年ごろ)、ダルマチアの…
  5. この本はローマ教皇ベネディクト16世の臨席のもとに、教皇公邸(教皇庁に勤めている枢機卿も黙想会に参加…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »