福岡における百村神父さまとともに 阿部光一修道士

2014年、百村神父さんは院長職を終えた永富神父に代わって福岡修道院の所属になりました。車の運転をなさらないので、わたしはミサの奉仕に運転手を務めてあちらこちら行きました。時には教会の日曜販売にも連れ出しました。ハイエースの助手席は高いので、足の悪い神父にとって乗り降りに苦労されたと思います。また長時間の旅は腰が痛くなって大変だったと思います。しかし、文句も言わずこころよく「いいよっ」といって手伝ってくださいました。

1年ほどたった2015年の9月、院長会議に普段と変わりなく新幹線で出発した朝、30分ほどして電話が鳴りました。宇部興産中央病院から「百村等さんという方が脳卒中で入院されました」とのことでした。管区長と連絡を取り、わたしが病院に行くことになりました。行きながら、「神父さん生きててよ」と思いながら…。郊外の病院のため、新幹線から在来線に乗り換え、だいぶかかりました。病院について担当医からの説明「命はとりとめましたが、絶対安静です」とのこと、病室に入り開口一番「神父さん、生きとったね!」と。

その後のこと、東京に移ってからのことはほかの方が書かれると思いますので書きませんが、この出来事を回想すると、新幹線の中で発症してよかったと思うのです。もし、日中自室で発症したら、扉を開けるまで、だれも気が付かないということになり、帰らぬ人となる確率が高かったと思うからです。神さまの計らいとはいえ、不自由で、思い通りにならなかった神父さんにとってこの生かされた命はどのような意味を持つのでしようか。福岡修道院における神父さまとの生活を思い起こしながら、考えている日々です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 一九○八年十月に、アルベリオーネ神父は、母校であるアルバ神学校に呼び戻され、教授、霊的指導者、及び聴…
  2. マタイによる福音書25章31節~46節人の子が栄光に包まれ、すべてのみ使いを従えてくると…
  3. みなさん、こんにちは。聖パウロ修道会の山内神父です。私は去年の7月からベトナムのホーチミン市…
  4. 典礼は年間の最後が近づくということで、少し私たちの歩みを振り返ってみてもいいのかもしれません。…
  5. とまにちわ!ワケあって手に入った、長崎は五島列島のお土産。五島と言えば、世界遺産候補の長…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 聖ヨハネ・パウロ2世教皇は、最初から聖木曜日を大切にされていました。その頂点とも言うべきものが、20…
  2. 【2016年度 サンパウロ夏期休業日のお知らせ】平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます…
  3. 明日、10月19日は福者ティモテオ・ジャッカルド神父の記念日です♪福者ティモテオ・ジャッカルド神…
  4. 初誓願の感想について書いてと言われました。パウロ会員になって誰よりも聖パウロのことをよく知ってい…
  5. 2017年4月4日、創立者ヤコブ・アルベリオーネ神父の生誕133年を記念して、ソウル(韓国)の聖パウ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »