主の祈り 年間第17主日(ルカ11・1~13)

日本語で「主の祈り」を唱えると「天におられるわたしたちの父よ」で始まります。最初のことばが、「天におられる」なので、日本語の場合は、何となく「天」にアクセントが置かれているように感じますが、実際には「私たちの父よ」、厳密に言えば、「父よ」が大きなメッセージを持っています。事実、ギリシア語原文では「パーテル(父)、ヘーモン(私たちの)」となり、ラテン語では「パーテル(父)、ノステル(私たち)」。英語では「Our(私たちの)、Father(父)」となり、「父」が「私たち」の後になっています。本来は「父よ」という言葉から祈りが始まります。その点で、日本語の場合は「父よ」というアクセントが薄いかもしれません。

今日の福音はルカ福音書が朗読され、ふだん聞き慣れているマタイ福音書の「主の祈り」とは違った味わいがあります。「主の祈り」は「父よ」から始まります。「父」が具体的な存在となり、具体的な必要を語っていきます。具体的にはどのような祈りになっているでしょうか。「み名が聖とされますように。み国が来ますように」(ルカ11・2)で、御父である神に対する賛美のような祈りです。さらに祈りは続き、「わたしたちの日ごとの糧を、日ごとに、お与えください」(11・3)と、願いの祈りになります。その日、その時のものを具体的に願っていきます。さらに「わたしたちの罪をお赦しください。わたしたちに負い目のある人をみな、わたしたちも赦します」(ルカ11・4)と赦し・回心の内容が込められています。ここには、まず自分自身が相手を赦すので、「どうか私も赦してください」という響きがあります。最後は「わたしたちを誘惑に遭わせないでください」(11・4)と、願う祈りが結ばれていきます。

ふだん、私たちはどんな祈りをしているでしょうか。種々のタイプの祈りと比べながら、自分自身の祈りを振り返ってみたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
  2. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  3. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  4. マタイによる福音書22章15節~21節それから、ファリサイ派の人々は外に出ると、イエ…
  5. 私が住んでいるタンビン区の共同体から歩いて10分くらいの所に、サイゴン市内でも有名はチー・ホア教会が…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. ※本日予定しておりました、「加藤一二三 九段 トーク&サイン会」は、ご本人の体調不良のため、急き…
  2. 2017/4/11

    主の死と復活
    今回は、フィリピ2章6〜11節の箇所をキリストのへりくだりという視点から考えてみることにします。…
  3. 復活節第4主日は、ヨハネ福音書10章から取られた福音が朗読されます。A年は1─10節、B年は11─1…
  4. 「聖パウロ協力者会」の新しいホームページができました♪聖パウロ協力者会は、社会的コミュニケーショ…
  5. 10月7日はロザリオの聖母の記念日です。ロザリオの祈りがどのように生まれたのかは明確ではありません。…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »