14. 使命感に燃える新司祭――マスコミの先駆者アルベリオーネ神父

アルベリオーネは、一九○七年(明治四○年)六月二十九日にアルバの司教座聖堂で同級生一○名とともに司祭にされた。時に満二三歳であった。この 叙階式には、父母や兄弟たちをはじめ、同郷の村の人たちが大勢参加し、感動のまなこで新司祭らをながめ、新司祭らから祝福を受けた。叙階式の宴会場は、ケラスコの主任司祭の好意によってケラスコのレストランに設けられ、両親、親せき、新学生、友人など二○名ぐらいが、招待された。しめやかな、しかも楽しい雰囲気の中で、お客は新司祭の門出を祝い、前途有望な青年司祭の活躍に大きな期待をかけた。

この喜ばしい司祭叙階の日に、新司祭アルベリオーネ神父の心の中には、特別に感謝すべき人が三名いた。それは母テレサであり、ケラスコ小学校の女教師カルドナ先生であり、ケラスコのサン・マルティノ教会の主任司祭モンテルシノ神父であった。のちにアルベリオーネ神父は、自分が司祭になることが゛てきたのは、こういう人たちのおかげであると、回想録にこう述べている。

「これは、つね日ごろ特別に見守ってくれた母の祈りと、また、自分の教え子の中から誰かが司祭になるようにと主に祈り続けていた非常に敬虔な、あの女教師の祈りが実を結んだのだと彼は信じこんでいる。……豊かな霊性と知恵と洞察力をかねそなえた主任司祭は、大いに彼を助け、司祭になるまで導いてくれたばかりか、引き続きパウロ家についての最初の企画を祝福された。」

・池田敏雄『マスコミの先駆者アルベリオーネ神父』1978年

おしらせ
現代的に一部不適切と思われる表現がありますが、当時のオリジナリティーを尊重し発行時のまま掲載しております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 共同体から歩いて10分くらいの所に、ホーチミン市内でも有名なチーホア教会があります。…
  2. 中学生や高校生のころ、視力は裸眼で1.5くらいありました。眼鏡も不要で、とても快適でした。それが年齢…
  3. 聖人伝は第二の福音書である。(聖イグナチオ)待望の現代版聖人伝の下巻がいよいよ刊行。本書は、…
  4. 今回は、1月17日に祝われる聖アントニオ(エジプトの)修道院長を取り上げたいと思います。「聖アントニ…
  5. 教皇フランシスコは、原爆投下後の長崎で撮影された「焼き場に立つ少年」の写真をカードに印刷し、「…戦争…
PAGE TOP
Translate »