百村神父さんの幸せな帰天 永富久雄神父

百村神父さんは2017年9月11日(月)の早朝、帰天されました。当日、私はいつもの早朝散歩から帰って、身支度整えて、これから6時半のごミサのためにチャペルに行こうとしていた時、鈴木管区長から電話がありました。百村神父が、今朝早く、亡くなった。午前2時ごろとのこと。お祈りください。鈴木管区長が看取ってくださった、と。

私はとてもびっくりしました。百村神父さんの死去の知らせは、それでも、タイミングがいいね、と思ったものでした。今朝のミサは、百村神父さんのためだと、さっそくお祈りできたのが、とてもよかったからです。パウロ会のその日のミサは、百村神父さんのために捧げられました。百村神父さんにとって、タイミングよい最後だったなと思いました。

百村神父さんとの今回のつき合いは、2015年9月からでした。百村神父さんが脳梗塞で倒れて、福岡市内の博愛会病院に入院していました。大阪にいた私は、百村神父さんの世話をするように依頼されました。そのときから私の福岡での看病生活が始まったわけです。百村神父さんが博愛会病院を退院したのが、2016年の3月でした。

それから赤坂修道院での療養生活。福岡市内の介護支援専門の方に相談し、自宅での百村神父の療養生活が始まり、私はその手助けをしたわけです。デイケアサービスの方にも来ていただきました。月に一週間はショートステイをお願いし、福岡市内の「木の葉の里」の施設を利用させていただきました。親しくしていた知人の田川神父さんが入所していたからです。

今年2017年になって、1月のはじめ、百村神父さんは、故郷、平戸の生月に、弟の百村守さんの家に、約一週間、休みをとれたのが、今から思えば、とてもよかったかなと思っています。というのもその一か月後に、百村神父さんが東京に行くことになり、再び、平戸・生月のご家族とは会うことがなかったからです。

ラジオや漫画が好きだった百村神父さん、今、天国でごゆっくりやすんでください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  2. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…
  3. 2月16日(金)が旧正月ですが、ベトナムでは多くの方々がふるさとに帰っています。私も学生に便乗し…
  4. 真っ白に輝くイエス。目の前でこれを見た弟子たち。船を捨て、従い、これで幸せになれると…
  5. 聖パウロは「キリストが私の内に生きている」と言っているそうですが、これって聖パウロが多重人格障害を持…

ピックアップ記事

  1. 聖ヨハネ・ボスコ司祭の記念日は1月31日です。ヨハネ・ボスコは、1815年8月に北イタリアのカステル…
  2. 教会の入り口にある聖水は、初代教会から置かれていたのでしょうか。聖水に指を浸して十字架のしるしをしま…
  3. インドの使徒職センター。この4階ホールで会議が開催されています。2017年2月14日午前9時に会…
  4. 聖ビンセンチオ・ア・パウロ司祭の記念日は、彼の帰天の日にあたる9月27日です。聖ビンセンチオ…
  5. 本誌の2016年4月号と7月号で「カトリック学校の使命と精神」と題して特集を組みましたが、今月号はそ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »