パウロ家族研修会「エコロジーの視点からの原発廃止」が行われました

2017年10月29日(日)、聖パウロ修道会若葉修道院(東京)でパウロ家族研修会(パウロ家族の集い)が行われました。
研修会では九保文彦さん(上智大学神学部・常勤嘱託講師)にご登壇いただき、脱原発社会に向けての貴重なお話をうかがいました。

台風が接近する、あいにくの天候の中でしたが、60名以上の参加がありました。

【講話の内容】
「エコロジーの視点からの原発廃止」
1.キリスト教会がなぜ脱原発を訴えるのか
2.福島原発事故の歴史的意味
3.脱原発の理由 原発とエコロジー:いのちに対する責任が人間にはある
4.脱原発の理由 原発と差別:原発はエコロジカルな正義と公正の原則に反する
5.脱原発の理由 原発と核兵器(核武装):原子力の平和利用と軍事利用は表裏一体
6.脱原発社会に向けて今後どのように行動すべきか
7.司教団の脱原発文書の紹介
8.文献紹介

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 一九○八年十月に、アルベリオーネ神父は、母校であるアルバ神学校に呼び戻され、教授、霊的指導者、及び聴…
  2. マタイによる福音書25章31節~46節人の子が栄光に包まれ、すべてのみ使いを従えてくると…
  3. みなさん、こんにちは。聖パウロ修道会の山内神父です。私は去年の7月からベトナムのホーチミン市…
  4. 典礼は年間の最後が近づくということで、少し私たちの歩みを振り返ってみてもいいのかもしれません。…
  5. とまにちわ!ワケあって手に入った、長崎は五島列島のお土産。五島と言えば、世界遺産候補の長…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. カトリック教会では伝統的に11月を「死者の月」としています。身近な方々の死や自分自身の死のことについ…
  2. 「サドカイ派の人々がイエスに言い込められたのを知って、ファリサイ派の人々は集まった」(マタ22・34…
  3. 私たちは、各々タレントを頂いています。たとえば、芸術に優れている人、語学に堪能な人、周りの人を和ませ…
  4. 2017年1月25日、インドの聖パウロ修道会の修道院において、アニール・クマール・パサラ修道士とティ…
  5. 今回は、現代の聖人の一人、聖ピオ(ピエトレルチーナ)について記すことにします。「パードレ・ピオ」(イ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »