ジェームス神学生、朗読奉仕者に任命

2017年10月26日、聖パウロ修道会のジェームス・アリンゼ・エドゥー神学生(インド、ナイジェリア、英国・アイルランド管区)が総本部の聖堂で朗読奉仕者に任命されました。

このミサの司式は、デヴァシア・プチヤパラビル神父が行いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 私たちは、ときどき「でも○○」という言葉を使うことはないでしょうか。例えば、「あなたが言っていること…
  2. カトリック教会では十字をきる時、上から下、左から右にきりますが、ロシア正教会では上から下、右から左で…
  3. いたずらをしたお仕置きとして、父親に車から降ろされて山の中に置き去りにされた北海道の6歳の男の子が、…
  4. 教会は、ハンガリーの聖エリザベトを11月17日に記念します。エリザベトは、1207年にハンガリー国王…
  5. 2017年2月20日~21日、インドのベンガルにてホセ・ポッタイル神父(総顧問・CTIAの総責任者)…
PAGE TOP
Translate »