家庭の友 2017年12月号

毎年12月、全世界でクリスマスをお祝いいたします。その祝い方や楽しみ方は、国の風土、習慣によってずいぶん違うものです。今回の特集では、南半球に住む聖パウロ修道会の司祭たち、ロベルト・ポンティ神父(コンゴ)、マイケル・グーナン神父(オーストラリア)、ロドリゲス・ワルテル・エルネスト修道士(アルゼンチン)に、それぞれの魅力などを書いていただきました。12月号の発行は、11月10日頃を予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 大阪の登美ヶ丘高校にダンス部があり、このダンス部は、NHKの紅白に出たり、沢山のコンクールで賞を取っ…
  2. 先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでし…
  3. アルベリオーネ神父は、一九一四年に聖パウロ修道会を創立したが、その数年前から幾人かの青少年を未来の会…
  4. 日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたの…
  5. 永富久雄神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分自身…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. インターネット通販<パウルスショップ>の【世界宣教の日特集】は、もうチェックしましたか?10月の…
  2. 聖パウロ協力者会・九州地方区の会報誌「きずな」(No.70)をご紹介いたします!神父や会員のコラ…
  3. 今年は日本モンテッソーリ協会(学会)が創立されて50年を迎えます。モンテッソーリ教育は、子どもの人格…
  4. 典礼は、「年間主日」の最後となる「王であるキリスト」です。企業でも年度末は、決算をしたり、棚卸しをし…
  5. 今日のみことばの中で「イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなっ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »