パウロは結婚していた?――キリスト教知恵袋

聖パウロは結婚していたのですか。

パウロが書いた『第一コリント』には、パウロの結婚に関連する記述が二箇所あります。

わたしたちには、他の使徒たちや主の兄弟たちやケファのように、信者である妻を連れて歩く権利がないのですか。(9・5)

これだけを読むと、パウロも主の兄弟たちやペトロのように、結婚していたと推測することが可能です。パウロには妻がいたにもかかわらず、ペトロたちのように妻を伴って宣教活動をすることはなかったと、理解することができるからです。しかし、ここからパウロが結婚していたと結論付けることは無理です。ここでパウロが問題にしているのは、自分も使徒の権利を「持っている」と言っているのであって、その権利を「行使している」とは言っていないからです。

もう一つの箇所は同じ手紙の7章7節です。

わたしとしては、みなわたしのように一人でいて欲しい。

この箇所から分かることは、パウロがこの手紙を書いたとき、彼は確かに独身であったということです。

パウロはユダヤ教徒であったときに、すでに結婚していたが、キリスト者となった時点で、そのすべての絆を失ったと考えることは可能です。

パウロの時代のユダヤ人が結婚する年齢に関して、「五歳で聖書を学ぶ……十八歳で結婚式の用意ができている」という伝承があります。一方で、「人は家を建て、またぶどう園を植えなければならない。その後、初めて彼は結婚すべきである」という伝承もあります。どちらも当時の慣習を反映した伝承です。女性は若くして嫁いだようですが、男性はしばしば高年齢で結婚したようです。しかしこれもパウロの結婚の決め手にはなりません。

パウロが『第一コリント』を書いたときは独身であったが、その後結婚したと考えることもできます。しかし、それを支える根拠は皆無です。

イエス様は、カファルナウムで家に着くと、一人の子どもの手を取って弟子たちの真ん中に立たせ、また抱き上げられたと福音書に記されています(マルコ9・33—36)。ペトロは結婚していましたし、彼の家はカファルナウムにありました。ですから、イエス様が抱き上げられた子が、ペトロの子だったと推測することは可能です。しかし根拠はありません。

同様に、パウロの結婚に関する議論も、推測の域を出るものではありません。ただ、「みなわたしのように一人でいて欲しい」(一コリント7・7)と書いた時点では、確かにパウロは妻帯していなかったと言えます。

●回答者=鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. サンタクロースが現在のような「赤い服を着てトナカイに乗り、煙突から入って子どもにプレゼントを置いてい…
  2. 2017年6月30日、聖パウロ修道会若葉修道院におきまして終生誓願式が行われます。終生誓願式…
  3. 主の昇天の具体的な状況については、今日の第一朗読の中(使徒1・6~11)に出てきます。福音の箇所では…
  4. 2017年8月11日~13日、アルゼンチンのブエノスアイレスにあるフロリダ修道院で、アルゼンチン、チ…
  5. 2017年3月17日から3月25日まで、日本管区の訪問のため、イタリアから総顧問の二人が来日していま…
PAGE TOP
Translate »