必要なことは、ただ1つだけという種 年間第16主日 (ルカ10・38〜42)

現代に生きる私たちは、日常生活の中でさまざまなストレスを受けています。それは、体と心に何らかの影響を及ぼしてしまいます。その原因の一つとして、 「マインド・ワンダリング」というものがあります。これは、目の前の物事以外のことを考えるということです。例えば、明日旅行に行くとしましょう。その人 は、部屋の掃除をしながら、「何を持って行こうかな。どんな服装で行こうかな」とあれこれ考えます。この人は、目の前に「掃除をする」ということがあるの ですが、掃除以外の「旅行のこと」を考えています。また、会社でプレゼンの準備をしながら、以前、うまくいかなかったことを思い出してしまい、プレゼンを してもいないにも関わらず、「今回も失敗したらどうしよう」と考えてしまうとします。このような心の迷いも、その人にとって、ストレスとなってしまうので す。私たちは、このように1日のうちに、約47%の時間を目の前のことに集中しない「マインド・ワンダリング」の状態にあるそうです。

きょうの みことばは、イエス様と弟子たちがある村のマルタとマリアの家に招待される場面です。ヨハネ福音書には、「ベタニア」(ヨハネ11・1)と書かれてあっ て、イエス様たちは、エルサレムに向かう途中に彼女たちの家に招待されたのでした。ただ、ユダヤ教の中では、女性がラビを自宅に招くと言うことは、異例な ことだったようです。

イエス様たちは、エルサレムに向かう前に以前から親しくつきあっていた家族である、この家でゆっくりしたかったのではない でしょうか。ガリラヤから旅をしてきて、方々で病人や汚れた霊に憑かれた人を癒し、ファリサイ派や律法学者との問答をしながらエルサレムに到着しようとし ています。イエス様たちは、ようやくホッとできる家族との再会を喜んでいたことでしょう。また、マルタとマリアも、イエス様たちからいろいろな教えや奇跡 の話などを聞きたかったのかもしれません。

さっそく、マリアは、イエス様の足元に座ってイエス様の話に夢中になって聞き入ります。当時は、今の ように椅子に座って聞くというよりも、床に車座になって聞いていたようです。ですから、マリアはイエス様の話がいちばん聞こえるところにいたのです。ま た、「足元」とありますので、マリアの謙遜さとイエス様への愛ということも表れているのではないでしょうか。マリアは、イエス様の温もりを肌で感じ、イエ ス様や弟子たちの話に耳を傾け時間を忘れるくらいに彼らとの会話に集中していたのでしょう。

一方、マルタは、イエス様たちが少しでも旅の疲れを 癒され、これから向かうエルサレムでの宣教がうまくいくように休んで頂こうと思って、部屋を整えたり、彼らの食事の支度をしたりと働いています。みことば には、「マルタは数々のもてなしのため、忙しく立ち働いていた」とあります。ユダヤの婦人たちは、男性が会堂で祈り、聖書を深めている間、家庭で家事を行 い、彼らの食事の支度をすることで、彼らの祈りの奉仕に参与していたようです(ルカ8・3)。そのため、マルタにしてみれば、マリアが仕事もせずにイエス 様の足元で話を聴いているということに苛立ちを覚えたのでしょう。ついに、マルタは、「主よ、わたしの姉妹は、わたし1人にもてなしをさせておりますが、 何とも思いになりませんか。手伝うように言いつけてください」とイエス様に伝えます。

イエス様は、彼女に愛情をもって、「マルタ、マルタ、あな たは多くのことに思い煩い、気を使っている。」と言われます。イエス様は、マルタのもてなしを咎めたのではありませんでした。むしろ感謝していたことで しょう。ただ、彼女が「多くのことに思い煩い、気を使っている」ことを彼女に気がつかせようとされたのです。この【多くのことに思い煩い、気を使う】とい う言葉は、「本来やるべき仕事から心が離れている」という意味を表しているようです。マルタは、自分が行っているさまざま仕事をしている最中でもマリアの ことが気になり、自分がしなければならない仕事に集中できなかったのです。イエス様は、彼女に「必要なことは、ただ、一つである」と言われます。

福音宣教には、2つの「奉仕」があると思います。1つは、祈りを通して三位一体の主に耳を傾けること、もう1つは、活動を通して「キリストの苦しみの欠け たところを、キリストの体のために、この身で補う」(コロサイ1・25)ことです。大切なことは、2つのバランスではないかと思います。活動だけに集中す ると、「私はこんなに働いているのに」と自己満足や相手への非難への傾きが出て来る危険性があります。また、聖堂で祈っているだけでも不十分になってしま います。祈りは、活動の源であり、活動の糾明に大切な時間です。私たちは、イエス様のみことばを聴いて「今、私にとって何が必要なことか」ということを常 に識別する恵みを頂けたらいいですね。

コメント

    • けろっぴ
    • 2016年 7月 16日

    マインド・ワンダリングのお話、とても面白かったです。

    最近、キリスト教的ヴィパッサナー瞑想の日帰り黙想会に参加して、
    「今、ここをあるがままに気づく」ことの大切さを学びました。
    でも、終日ほとんど「マインド・ワンダリング」状態でした。

    ヴィパッサナー瞑想は、「マインドフルネス」瞑想とも呼ばれるそうです。
    マルタが「マインド・ワンダリング」の状態とすれば、
    マリアはまさに「マインドフルネス」の状態にあったのだなぁと思いました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  2. ことわざに「目から鱗(うろこ)が落ちる」という言葉があります。それは、「あることをきっかけに、それま…
  3. シエナの聖カタリナの記念日は4月29日です。カタリナは、1347年に染物職人であった父親の家庭に生ま…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…

ピックアップ記事

  1. 10月19日に任意の記念日として祝われる十字架の聖パウロは、日本でも活躍している御受難修道会の創立者…
  2. ごミサの中で朗読される御言葉で、「現代には合わない」と感じるものがあります。たとえば「真夜中に友人を…
  3. キリスト教の愛の教えに基づく福音的な映画を選び、その監督に贈る「第41回日本カトリック映画賞」の授賞…
  4. 夏から秋の田んぼを見ると、たくさんのお米をつけた稲を目にすることができます。その実った稲を見る時、自…
  5. ミサに参加すると、教会によって祭壇上のろうそくの本数が違ったりすることがあります。本数についての決ま…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »