招かれる人 年間第28主日(マタイ22・1~14)

「天の国は次のように喩えられる。ある王が王子のために結婚の披露宴を催した」(マタ22・2)という言葉から始まります。王様主催の披露宴だけに、盛大な式になることは間違いありません。やがて当日になりましたが、人々の参加率が低いものでした。「彼らはそれを無視して、ある者は畑に、ある者は商売に出かけ、他の者たちは王の僕たちを捕まえて辱め、殺して」しまいます。本来なら喜んで出席するのが当たり前ですが、たいした理由もないのに欠席します。招いた方にとっては、とてもがっかりすることでした。畑にしろ、商売にしろ、こういう時でなくてもできるものです。それだけ無関心であったことになります。

出席率が悪い中で、王は通りに出てだれでも招くように指示します。僕たちは悪人であれ善人であれ、出会う人を皆、集めてきます。その結果、宴会場はたくさんの人で埋まることになりました。たくさんの人が招かれたものの、礼服を着ていない人に気づきます。

「友よ、どうして婚礼の礼服をつけずに、ここに入ってきたのか」(マタ22・12)と尋ねます。ここで「誰でもよいから、出会う人を披露宴に招きなさい」(マタ22・9)と言いながら、いざ会場に入って礼服を着ていない人をとがめるのは、ちょっとおかしいのではと考えがちです。ここでとがめられた人はいったいだれでしょうか。何となく後で急に招待を受けた人のように思いがちですが、そうではなく、すでに前もって招待されていた律法学者やファリサイ派のことを指しています。

当然のことながら、十分に準備するだけの時間があったにもかかわらず、それをしなかったことへの忠告です。同じことが洗礼を受けたキリスト者たちに対しても言えるかもしれません。神様の招きを受けている私たち一人ひとりは、ふだんからどんな準備をしているのか、問いかけてくれます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 真っ白に輝くイエス。目の前でこれを見た弟子たち。船を捨て、従い、これで幸せになれると…
  2. 聖パウロは「キリストが私の内に生きている」と言っているそうですが、これって聖パウロが多重人格障害を持…
  3. モンテ・カルメロ修道院のはちみつと、天然ハーブを凝縮したハーブミックスのシロップです。木々が自らを守…
  4. 十字架は、ローマ人が東方から導入し、ローマ市民以外の罪人に対する残酷な処刑の道具として、コンスタンテ…
  5. 誘惑は誰にでもあります。甘い物を好きな人が、医者から止められているのにもかかわらずついつい食べてしま…

ピックアップ記事

  1. SIGNIS JAPANでは、教会とインターネットを考えるセミナーを下記の通り開催いたします。22回…
  2. 故ユスチノ戸村修神父の葬儀に際しましてはご多用中にもかかわらずわざわざご会葬を賜り且つご鄭重…
  3. —ルカはなぜパウロの殉教を記さなかったのですか? ルカが『使徒言行録』を記したのは、パウロの殉教から…
  4. 東日本大震災後73カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  5. 2017年5月18日~28日、「第13回聖書フェスティバル」が行われました。会長は、ヴィチェンツァ教…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »