12. 勉学に信心のファイト満々

実家では神学生ということで、窓から聖マルチノ教会の見える二階の小さな部屋をもらい、勉強、読書、信心業などをしていた。朝からミサに行き、聖体拝領をしていた。いつも一番乗りで、まだ聖堂のあいていないうちに来て聖堂のあくのを待っていた。

同級生のビンチェンツォ・カリアノ(Vincenzo Calliano)は、神学生ヤコブの人柄を語る。「ヤコブは、どの点からみても申し分のない神学生であった。非常に信心深い神学生であった。ご聖体をうやうやしく拝領し、すべての規則を完全に守っていた。また同級生や先生たちも感心するほどよく勉強していた。ヤコブは人がよいので、みんなに好かれ、人気があった。」

一九○四年(明治三七年、日露戦争当時)、二○歳のヤコブは神学三年生であったが、長上たちの許可を得て、聖トマス・アクィナスについての「神学研究会」をつくり、四か月かけて、聖トマスの記念講演を準備した。会員の研究テーマは、「思想混乱の中における思想のトマス学派的根拠」というものであったるこの一般テーマに基づき、ヤコブの指導で多くの神学生から意見を引き出し、討論した。このテーマは、ヤコブにもってこいの研究課題であったので、たいへんな勉強になり、実りも大きかった。この研究は霊的にも大きなプラスになり、これからの種々の研究の糸口にもなり、生活の導きにもなった。

ヤコブは、以上の研究から得た霊感を、こう述べている。「真理のないところ、あるいは、少なくとも真理への愛のないところに成聖はありえない。知性の成聖は第一だ。理づめをしなければ、方向が定まらない。形而上学がなければ、広い視野がない。教会の中しか、確実な道はない」と。同級生イシドロ神父の回想によれば、「ヤコブはいろんな問題について正確な認識をいだき、その判断は、ふしぎにも当たっていた。ヤコブは、たえまなく高尚な考えに没頭し、黙想していた。それでもいろんな事業をやってのけた。自己の核心と神との間に深い一致があったが、ヤコブは、この一致から原動力をムダなく吸収していたわけである。」

・池田敏雄『マスコミの先駆者アルベリオーネ神父』1978年

おしらせ
現代的に一部不適切と思われる表現がありますが、当時のオリジナリティーを尊重し発行時のまま掲載しております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  2. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  3. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
  4. この時期、町にはクリスマス・イルミネーションが飾られ、百貨店ではクリスマス商戦が始まり、テレビやラジ…
  5. 井手口満修道士(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 子供の…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. ミサに参加すると、教会によって祭壇上のろうそくの本数が違ったりすることがあります。本数についての決ま…
  2. 聖トマス西と15殉教者は9月28日に祝われます。この祝日名は、日本の典礼暦に固有のもので、日本以外で…
  3. フランシスコ会聖書研究所『聖書』からの『新約聖書』版。原文校訂(本文批判)による口語訳。本文…
  4. とまにちわ!ぼくたちの物語は始まったばかりだというのに、もう今年も終わっちゃうー!そ…
  5. 四旬節の間にヨハン・セバスチアン・バッハ作の「マタイ受難曲」を聴いてみるのもよいものです。私も195…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »