思い直すという種 年間第26主日(マタイ21・28〜32)

ことわざの中に「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉があります。それは、学問や徳が深まるにつれて謙虚になるという意味のようです。私たちは、このような人と接する時、私たち自身も謙虚さの素晴らしさに触れ、その人からいろんなことを学ぼうとするのではないでしょうか。

きょうのみことばは、イエス様が、「2人の息子を持った主人」の譬え話をされた場面です。イエス様と弟子たちは、エルサレムの神殿の境内に入って人々に教えられていた時に、祭司長や、民の長老たちが近づいて「何の権威があって、あのようなことをするのか。誰があなたに、そのような権威を与えたのか」と尋ねます。イエス様は、彼らに対して、「ヨハネの洗礼はどこからのものか。天からのものか。それとも人からのものか。」と尋ねられます。この質問に祭司長や、民の長老たちは、正直に答えることができませんでした。それで、イエス様は、彼らに「何の権威をもって、あのようなことをするのか、わたしも言うまい」(マタイ21・23〜27)と答えられます。

きょうの箇所は、その後にイエス様が「祭司長や、民の長老たち」に譬え話をされた場面です。イエス様は、まず、彼らに「ところで、あなた方はどう思うか。」と尋ねられます。彼らは、イエス様からこのように言われた時どのように思ったのでしょうか。たぶん、彼らはイエス様が何を自分たちに話されるのだろうかと、身構えたのではないでしょうか。私たちも、ときどきこのようなことをすることもあるかもしれませんね。

イエス様は、「ある人に2人の息子があった。彼は長男の所に行き、『息子よ、今日、ぶどう園に行ってくれ』と言った。長男は、『いやです。』と答えた。しかし、後で思い直し、出かけて行った。」と話し始めます。父親は、ぶどう園の仕事を「長男」に任せようと思ったのではないでしょうか。しかし、長男は、その責任の重さを考えた時、自分はできないと思ったのかもしれません。あるいは、いつも「あなたは、お兄ちゃんだからしっかりしないと」とか「我慢しなさい」と言われ続けていたので、ちょっと親に反抗したくて「いやです。」と言ったのかもしれません。ある意味、長男は、正直な人となのでしょう。長男は、父親に「いやです」と言ったものの、父親の「悲しそうな顔」を思い出したのかもしれません。彼の心の中には「チクチク」と違和感が出て来たのでしょう。長男は、後で思い直して、出かけて行きます。

私たちは、この「後で思い直す」という時間が必要なのではないでしょうか。私たちは、自分たちの行動や言葉の中に、「アッ、やっちゃた。」とか「言ってしまった」と言うようなことはないでしょうか。そのような時、心の中に何となく「ワサワサ」した感じが生まれ、それが私たちの心を「チクチク」と刺激します。その「チクチク」した感覚は、始めは小さくてもだんだん大きくなってきますが、それを過ぎると消えてしまいます。そんな時、私たちは「まっ、いいか」とついつい心の中でつぶやくのではないでしょうか。

続いて父親は、次男の所に行き、同じようなことを言います。次男は、「お父さん、承知しました」と答えますが、出かけて行きませんでした。次男は、優等生なのかもしれませんし、断ることができない性格なのかも知れません。あるいは、「『とりあえず、はい』と言っておこう、後は行かなくても良いか」とちょっとずる賢い性格だったのかも知れません。彼は、結果的には行かなかったのです。

イエス様は、この2人の兄弟の譬え話をした後に、祭司長や、民の長老たちに「この2人のうち、父親の望みどおりにしたのは、どちらか」と尋ねられます。彼らは、「長男です」と答えます。イエス様は、彼らの答えを聞かれ、「あなた方によく言っておく。徴税人や娼婦が、あなた方より先に神の国に入る。なぜなら、ヨハネが来て義の道を示したのに、あなた方は信じなかったが、徴税人や娼婦は彼を信じたからである。」と言われます。祭司長たちは、イエス様の譬え話を聞いて、自分たちのことを話されているとは思わなかったのです。それで、彼らは、「長男です」と答えたのです。私たちは、客観的に物事を見た時には、【模範解答】ができますが、いざ、自分のことになった時は答えることが難しくなるものです。

イエス様の譬え話の「長男」は、徴税人や娼婦たちですし、「次男」は祭司長たちです。徴税人や娼婦たちは、自分が罪人であると思い、何とかして救われたいと思っていましたので、ヨハネを信じたのです。しかし、祭司長たちは、自分が正しいと思ったのか、プライドがあったのかヨハネのことを信じることができなかったのです。イエス様は、彼らの傲慢さを指摘します。傲慢は、私たちの心を蝕み、周りを見えなくしてしまいます。私たちは、謙遜な気持を大切にして、たとえ罪を犯しても「ぶどう園」に行くことができたらいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  2. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  3. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
  4. この時期、町にはクリスマス・イルミネーションが飾られ、百貨店ではクリスマス商戦が始まり、テレビやラジ…
  5. 井手口満修道士(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 子供の…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. サンタクロースが現在のような「赤い服を着てトナカイに乗り、煙突から入って子どもにプレゼントを置いてい…
  2. 今日の復活節第2主日は、「神のいつくしみの主日」とも言われます。ヨハネ・パウロ二世が教皇であった時に…
  3. ラテラン教会、すなわちローマのラテランにあるヨハネ教会はローマ教区の司教座聖堂であり、すべての教会堂…
  4. 私たちにとって「苦しみ」や「痛み」とは、どのようなものなのでしょうか。きょう私たちは、「主の受難」を…
  5. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »