思い直すという種 年間第26主日(マタイ21・28〜32)

ことわざの中に「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉があります。それは、学問や徳が深まるにつれて謙虚になるという意味のようです。私たちは、このような人と接する時、私たち自身も謙虚さの素晴らしさに触れ、その人からいろんなことを学ぼうとするのではないでしょうか。

きょうのみことばは、イエス様が、「2人の息子を持った主人」の譬え話をされた場面です。イエス様と弟子たちは、エルサレムの神殿の境内に入って人々に教えられていた時に、祭司長や、民の長老たちが近づいて「何の権威があって、あのようなことをするのか。誰があなたに、そのような権威を与えたのか」と尋ねます。イエス様は、彼らに対して、「ヨハネの洗礼はどこからのものか。天からのものか。それとも人からのものか。」と尋ねられます。この質問に祭司長や、民の長老たちは、正直に答えることができませんでした。それで、イエス様は、彼らに「何の権威をもって、あのようなことをするのか、わたしも言うまい」(マタイ21・23〜27)と答えられます。

きょうの箇所は、その後にイエス様が「祭司長や、民の長老たち」に譬え話をされた場面です。イエス様は、まず、彼らに「ところで、あなた方はどう思うか。」と尋ねられます。彼らは、イエス様からこのように言われた時どのように思ったのでしょうか。たぶん、彼らはイエス様が何を自分たちに話されるのだろうかと、身構えたのではないでしょうか。私たちも、ときどきこのようなことをすることもあるかもしれませんね。

イエス様は、「ある人に2人の息子があった。彼は長男の所に行き、『息子よ、今日、ぶどう園に行ってくれ』と言った。長男は、『いやです。』と答えた。しかし、後で思い直し、出かけて行った。」と話し始めます。父親は、ぶどう園の仕事を「長男」に任せようと思ったのではないでしょうか。しかし、長男は、その責任の重さを考えた時、自分はできないと思ったのかもしれません。あるいは、いつも「あなたは、お兄ちゃんだからしっかりしないと」とか「我慢しなさい」と言われ続けていたので、ちょっと親に反抗したくて「いやです。」と言ったのかもしれません。ある意味、長男は、正直な人となのでしょう。長男は、父親に「いやです」と言ったものの、父親の「悲しそうな顔」を思い出したのかもしれません。彼の心の中には「チクチク」と違和感が出て来たのでしょう。長男は、後で思い直して、出かけて行きます。

私たちは、この「後で思い直す」という時間が必要なのではないでしょうか。私たちは、自分たちの行動や言葉の中に、「アッ、やっちゃた。」とか「言ってしまった」と言うようなことはないでしょうか。そのような時、心の中に何となく「ワサワサ」した感じが生まれ、それが私たちの心を「チクチク」と刺激します。その「チクチク」した感覚は、始めは小さくてもだんだん大きくなってきますが、それを過ぎると消えてしまいます。そんな時、私たちは「まっ、いいか」とついつい心の中でつぶやくのではないでしょうか。

続いて父親は、次男の所に行き、同じようなことを言います。次男は、「お父さん、承知しました」と答えますが、出かけて行きませんでした。次男は、優等生なのかもしれませんし、断ることができない性格なのかも知れません。あるいは、「『とりあえず、はい』と言っておこう、後は行かなくても良いか」とちょっとずる賢い性格だったのかも知れません。彼は、結果的には行かなかったのです。

イエス様は、この2人の兄弟の譬え話をした後に、祭司長や、民の長老たちに「この2人のうち、父親の望みどおりにしたのは、どちらか」と尋ねられます。彼らは、「長男です」と答えます。イエス様は、彼らの答えを聞かれ、「あなた方によく言っておく。徴税人や娼婦が、あなた方より先に神の国に入る。なぜなら、ヨハネが来て義の道を示したのに、あなた方は信じなかったが、徴税人や娼婦は彼を信じたからである。」と言われます。祭司長たちは、イエス様の譬え話を聞いて、自分たちのことを話されているとは思わなかったのです。それで、彼らは、「長男です」と答えたのです。私たちは、客観的に物事を見た時には、【模範解答】ができますが、いざ、自分のことになった時は答えることが難しくなるものです。

イエス様の譬え話の「長男」は、徴税人や娼婦たちですし、「次男」は祭司長たちです。徴税人や娼婦たちは、自分が罪人であると思い、何とかして救われたいと思っていましたので、ヨハネを信じたのです。しかし、祭司長たちは、自分が正しいと思ったのか、プライドがあったのかヨハネのことを信じることができなかったのです。イエス様は、彼らの傲慢さを指摘します。傲慢は、私たちの心を蝕み、周りを見えなくしてしまいます。私たちは、謙遜な気持を大切にして、たとえ罪を犯しても「ぶどう園」に行くことができたらいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 誘惑は誰にでもあります。甘い物を好きな人が、医者から止められているのにもかかわらずついつい食べてしま…
  2. イエスは何をしたのでしょうか。なぜ人びとはイエスを覚えているのでしょうか。さあ、彼の仲間…
  3. 一九一四年(大正三年)に細々と発足した聖パウロ会は、第一次世界大戦の荒波をもろにかぶった。出版使徒職…
  4. 2018年2月15日、ブラジルのアパレシーダで聖パウロ修道会の中間総会が始まりました。…
  5. 私は長崎県の田平教会出身です。私がどうしてパウロ会に入会したかを、紹介したいと思います。小学…

ピックアップ記事

  1. 聖ヨハネ・パウロ2世教皇は、最初から聖木曜日を大切にされていました。その頂点とも言うべきものが、20…
  2. 聖ビルジッタ修道女の記念日は7月23日です。ビルジッタは、1302年あるいは1303年にスウェーデン…
  3. 主イエスが昇天することによって、弟子たちには寂しさが漂っていたことでしょう。長い間、弟子たちはイエス…
  4. 2017年12月30日(土)、(日本にはまだない修道会ですが)ロザリオの聖母修道会の聖堂で神言会の助…
  5. フィレモンへの手紙』に登場する逃亡奴隷オネシモは、後にエフェソの教会の司教様になったというのは本当で…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »