家庭の友 2017年11月号

毎年11月は、カトリック教会では「死者の月」です。愛する家族、親戚、恩人、友人など臨終の場に立ち会われて、「死」について考えることもあるでしょう。今回の特集では、ゆかりの深い方々の死、自分自身の死などについてどのように考えるかを、松浦悟郎司教様(名古屋教区)、シスター三嶋邇子さん(聖パウロ女子修道会)、シスター髙木慶子さん(援助修道会)に執筆していただきました。11月号の発行は、10月10日前後を予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 真っ白に輝くイエス。目の前でこれを見た弟子たち。船を捨て、従い、これで幸せになれると…
  2. 聖パウロは「キリストが私の内に生きている」と言っているそうですが、これって聖パウロが多重人格障害を持…
  3. モンテ・カルメロ修道院のはちみつと、天然ハーブを凝縮したハーブミックスのシロップです。木々が自らを守…
  4. 十字架は、ローマ人が東方から導入し、ローマ市民以外の罪人に対する残酷な処刑の道具として、コンスタンテ…
  5. 誘惑は誰にでもあります。甘い物を好きな人が、医者から止められているのにもかかわらずついつい食べてしま…

ピックアップ記事

  1. 聖書、典礼、教会の伝統に根ざした新しい祈り。各自で、家庭で、集会で、教会で使用できる祈り…
  2. 聖パウロ修道会サンパウロ(東京都新宿区)は、『長谷川路可 フレスコ、モザイクのパイオニア』と『ヴァチ…
  3. 教皇ヨハネ・パウロ2世は、1981年に来日し、被爆地の広島を訪れたときに、「平和アピール」を打ち出し…
  4. 「どうして神父になりたいと思ったのですか」今まで何十回こんな質問を受けたか分からない。冗談ま…
  5. 料理をする時に、塩は欠かせないと言ってもいいでしょう。ちょっと塩を足すことで、味が変わってきますし、…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »