家庭の友 2017年11月号

毎年11月は、カトリック教会では「死者の月」です。愛する家族、親戚、恩人、友人など臨終の場に立ち会われて、「死」について考えることもあるでしょう。今回の特集では、ゆかりの深い方々の死、自分自身の死などについてどのように考えるかを、松浦悟郎司教様(名古屋教区)、シスター三嶋邇子さん(聖パウロ女子修道会)、シスター髙木慶子さん(援助修道会)に執筆していただきました。11月号の発行は、10月10日前後を予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  2. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  3. マタイによる福音書22章15節~21節それから、ファリサイ派の人々は外に出ると、イエ…
  4. 私が住んでいるタンビン区の共同体から歩いて10分くらいの所に、サイゴン市内でも有名はチー・ホア教会が…
  5. 「冠婚葬祭」は、私たちにとって特別なことではないでしょうか。結婚式は皆なで、新郎新婦を祝い、喜びを分…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 今日の箇所の直前で、ペトロは立派な信仰告白をしたにもかかわらず、イエスが「長老、祭司長、律法学者たち…
  2. 2017/4/11

    主の死と復活
    今回は、フィリピ2章6〜11節の箇所をキリストのへりくだりという視点から考えてみることにします。…
  3. とまにちわ!なぜかまたもしても、遠足の幹事に・・・。とはいっても、場を盛り上げるでもなく…
  4. 2017/1/9

    主の洗礼
    主の洗礼の祝日は降誕節の最後の日に祝われます。そして次の日から年間の歩みが始まります。このような位置…
  5. 「主の降誕」まで残すところあと数日というところで、今年の締めくくりの原稿を書いています。最近…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »