洗剤と食器洗い

先日、一人の方に「ベトナムの洗剤や食器を洗うもの」についての問い合わせを受けました。

今日、ちょっと時間を見て、スーパー・マーケットへ行ったら、けっこうたくさん並んでいるのに気づきました。

もちろんみんなベトナム語で書いてありますが、洗剤はけっこう粉末が多いなあと思います。

同時に、香りのよいものにするために芳香剤のようなものが同時に売られています。

共同体では洗剤と芳香剤を一緒に入れて使っています。

ただ水が悪いので、シャツなどはだんだん黄ばんだり、灰色のような感じになったりします。

それからすると日本の水はきれいなので、汚れがよく落ちるのだなあと思います。

また食器洗いは液体のものが使われています。ただ種類が少ないかなあと感じます。

同時に、水が悪いので、ちゃんと汚れが落ちているか、ちょっと不安ですが…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
  2. 視聴期限:2017年12月19日10時00分まで。イルミネーションで満ちあふれ、ウキウ…
  3. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  4. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  5. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 今回取り上げる聖アウグスチヌス(カンタベリー)司教は、ヒッポの司教であった聖アウグスチヌスとは別の人…
  2. Giappone: + Don Osamu Domenico Giustino Tomurahtt…
  3. キリスト教の愛の教えに基づく福音的な映画を選び、その監督に贈る「第41回日本カトリック映画賞」の授賞…
  4. 種々の世界に目を向けてみると、経済的な格差、地域的な格差、身分の格差などを体験するのではないでしょう…
  5. 「コリントの人々への第二の手紙」を読む講師:山内堅治(聖パウロ修道会司祭)全6回 午前10:…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »