赦すという種 年間第24主日(マタイ18・21〜35)

少し前に『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』という映画を観ました。これは、最愛の娘を誘拐され殺された父親が、不思議な3人(三位一体の神)に出会って、犯人を赦すようになる、という物語です。この事件によって、家族の中は、深い悲しみに包まれ、残された子供たちと父親の関係に溝ができていき、それぞれが「自分のせいでこの子を殺してしまった」という自責の念で苦しみ、自分さえも赦すことができない状態でした。ラストは、父親が妻や子どもたちを受け入れ、愛し合う喜びを再び取り戻していきます。

きょうのみことばは、【赦し】ということをイエス様が伝えてくださる場面です。みことばの最初に「その時、ペトロが近寄って、イエスに尋ねた」とあります。ペトロが、イエス様に尋ねた「その時」というのは、この箇所の少し前でイエス様が、弟子たちに「人を赦す権威を」与えられた直後でした。ペトロの中に「人を赦すこと」に対しての疑問が出て来たのではないでしょうか。それで、「主よ、わたしの兄弟がわたしに罪を犯した場合、何度、赦さなければなりませんか。7回までですか」と尋ねます。ペトロが言った「7回まで」と言うのは、ユダヤ人たちの教えでは、「3回までは赦しなさい」とあったようで、ペトロは、彼らの教えの2倍以上の「7回」と言ったのでしょう。

また、ペトロの質問には、「何度、赦さなければなりませんか。」という言葉があります。ペトロにとって【赦し】とは、義務のようにとらえていたのでしょう。もし、私たちが、人を赦すと言うことを「義務」として行う場合、そこには、【愛】がありません。私たちが人を赦そうとするとき、相手への【愛】がなければ、心から赦すことができないはずです。イエス様は、「あなたに言っておく。7回どころか、7の70倍までである。」と答えられます。もちろん、この「7の70倍」というのは、回数の問題ではなく、【何度でも】という意味です。親は、子どもが何度も間違いを犯しても赦します。もちろん、「今度やったら、赦しませんからね」と口で言ったとしても、もう、その時は、「赦して」いるのです。ここに、親の愛があるからではないでしょうか。

イエス様は、「1人の王が僕たちと貸借の決済をしようとした。決済が始まると、1万タラントンの負債のある者が王の前に連れ出された。」と喩え話しをされます。この1万タラントンという額は、1タラントンが、労働者の賃金の20年分と言われていて、日本円では約6千万円くらいです。ですから1万タラントンというのは、人が一生涯働いたとしても返済することができない額と言ってもいいでしょう。ここで、一つの疑問ですが、この僕が1万タラントンの負債があると言うことは、それだけの大金を彼が何に使ったのでしょうか。さらに、王がそれだけの大金を僕に貸し与えるという寛大さです。このみことばを、振り返って見るのもいいかもしれません。

イエス様は、「主人は、その人自身と、その妻や子供たち、およびすべてを売って、返済するように命じます。この僕はひれ伏して、『もうしばらくお待ちください。きっと全部お返ししますから』と哀願した。そこで、主人は憐れに思って、彼を赦し、借金を免じてやった。」と言われます。私たちは、たとえ自分自身、さらに、妻や子供や全財産を売ったとしても、それほどの大金を返済することができないことを知っています。この箇所は、私たちが、おん父から一生涯働いても返済することができないほどのタラントンを頂いているということではないでしょうか。私たちは、残念なことにその恵みを頂いていることに気がついていないのです。では、その恵みをお返しするためにどのようにすれば良いのでしょう。パウロは、「わたしたちは、生きるとすれば主のために生き、死ぬとすれば主のために死にます。」(ローマ14・8)と伝えています。私たちは、おん父の恵みに対して、できることは「主のために生きること」ではないでしょうか。

この僕は、自分が赦されたという恵みに気がつくことなく、100デナリオン(労働者の数ヶ月分の賃金)を貸していた同僚に「借金を返せ」と迫り、さらに哀願する同僚に対して、赦すことなく牢獄に入れてしまいます。私たちの罪深さ、弱さは、ここにあるような気がいたします。イエス様は、この僕に対して、「わたしがお前を憐れんだように、お前もあの仲間を憐れむべきではなかったのか」と言われます。この憐れみは、「いつくしみの愛」です。私たちは、おん父からこの愛を頂いていると同時に、周りの人も頂いているのです。イエス様は、私たちが簡単に人を赦すことができないということをご存知です。そのために、まず、私たちが無限大の愛を頂いていることを伝えようとされるのです。私たちは、自分が愛されていると言うことを気がついた時初めて、相手を赦すことができるのではないでしょうか。私たちは、人を赦すことの困難さに苦しむのではなく、まず、私たちが頂いている【いつくしみの愛】に気がつくことができたら良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 一九○八年十月に、アルベリオーネ神父は、母校であるアルバ神学校に呼び戻され、教授、霊的指導者、及び聴…
  2. マタイによる福音書25章31節~46節人の子が栄光に包まれ、すべてのみ使いを従えてくると…
  3. みなさん、こんにちは。聖パウロ修道会の山内神父です。私は去年の7月からベトナムのホーチミン市…
  4. 典礼は年間の最後が近づくということで、少し私たちの歩みを振り返ってみてもいいのかもしれません。…
  5. とまにちわ!ワケあって手に入った、長崎は五島列島のお土産。五島と言えば、世界遺産候補の長…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 2017年5月5日~9日、イタリアのシチリアでパウロ家族の集いが行われ、総長のヴァルディル・ジュセ・…
  2. 私たちは、残念ですが人の噂や、陰口で会話が盛り上がることがあります。そして、枝葉が付き、事実とかけ離…
  3. 【ベストセラーランキング】サンパウロ全店舗の売れ筋ランキングをご紹介します☆ご購入のご参考にどう…
  4. 聖パウロはローマで斬首されたと聞いていますが、どこに書かれているのですか? 新約聖書に書かれています…
  5. 今日、「聖霊降臨」をお祝いしていますが、「聖霊」という表現を信者でない方が耳にした時、ちょっと違和感…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »