イエス様に従う者という種 年間第22主日(マタイ16・21〜28)

ある小冊子の後ろに、「主よ、変えられないものを受け入れる心の静けさと、変えられるものを変える勇気と、その両者を見分ける英知を我に与え給え。」(ニーバの祈り)という祈りがありました。私たちは、一人ひとり大なり、小なり、または、軽いか重いかの違いはありますが、【十字架】を担っているのではないでしょうか。このニーバの祈りの「【変えられないもの】、【変えられるもの】」というのは、私たちに与えられた【十字架】と言ってもいいのかもしれません。

きょうのみことばは、イエス様がご自分の「受難を告知」する場面と、「ご自分に従う者の心得」を弟子たちに伝える場面です。みことばは、「この時から」という言葉から始まっています。これは、イエス様が、ペトロに「天の国の鍵」を授けられ、「ご自分がメシアであることを誰にも話さないように」ときびしく戒められた「時から」と言ってもいいでしょうし、また、一つの区切りと言ってもいいかもしれません。イエス様にとっても弟子たちにとっても「この時」というのは、イエス様の【受難】に向かうための【時】が始まったということになるのではないでしょうか。

イエス様は、「エルサレムに行き、長老、祭司長や、律法学者たちから多くの苦しみを受けて、殺され、そして三日目に復活する」ということとを弟子たちに「打ち明けられ始められ」ます。イエス様の受難の告知は、「イエス様こそメシアである」(マタイ16・16)と思っていた弟子たちにとってとてもショッキングな言葉でした。エルサレムの「長老、祭司長や、律法学者」から殺されるということは、「ユダヤ人社会から追放されるほどの罪」を犯すという意味のようです。しかし、イエス様は、「受難と復活」こそが、おん父のみ旨であることを弟子たちに伝えようとしたのでしょう。みことばには、「弟子たちに打ち明けられた」とありますが、これは、イエス様が友として、親しくしている内輪への告白ということを表しているようです。

イエス様こそメシアと信じているペトロは、「受難の告知」に対して、「主よ、とんでもないことです。決してそのようなことはありません」といさめます。イエス様は、このペトロの言葉を聞かれ、「サタン、引き下がれ。お前は、わたしをつまずかせようとしている。お前は神のことではなく、人間のことを考えている」と戒められます。ペトロは、「受難の告知」を聞いて「善かれ」と思っていさめたつもりだったのに、逆に「サタン、引き下がれ」と言われてしまいます。イエス様は、「わたしをつまずかせようとする」ことに対して、「サタン」と言われます。この「つまずかす」というのは、「おん父のみ旨を妨げるもの」という意味ではないでしょうか。

イエス様は、ご自分がこれから向かう「受難への道」に対して、さまざまな思いを胸に持っておられたのでしょう。イエス様は、ペトロのこの言葉がご自分のことを思って言っていると思われたのかもしれませんが、それでも、おん父のみ旨に対して妨げになるようなことには、厳しく戒められたのです。これは、私たちへの言葉でもあるのではないでしょうか。イエス様が言われた「神のことではなく、人間のことを考えている」という言葉は、私たちが【神様】のことか【私】ことかどちらを大切にしているかと私たちに問いかけられておられると言ってもいいのかもしれません。

イエス様は、「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を担って、わたしに従いなさい。」と言われます。私たちは、この言葉を黙想する時に、まず【十字架】という言葉を意識するのではないでしょうか。イエス様もゲッセマネで「父よ、もしできることなら、この杯をわたしから遠ざけてください」(マタイ26・39)と祈られるほど【十字架】は辛いものです。ただ、イエス様は、まず「自分を捨て」と先に言われます。このことは、私たちが【十字架】を担うための順番があるのではないでしょうか。「自分を捨てること」というのは、「『人間のことを考えること』を捨てる」、「自我を捨てる」ということに通じるような気がいたします。

私たちにとって【自我】というものは、かなり厄介なものです。それで、私たちは「自我がなくなるように何とかしよう」と努力をしますがいつも徒労に終わってしまいます。この「自分を捨てる」と言われるイエス様の言葉は、その【自我】さえも十字架として一緒に担うと言うことなのかもしれません。エレミヤは、「わたしは疲れ果てました。わたしにはもうできません。」(エレミヤ書20・9)と言っています。「自分を捨てること、十字架を担う」ということは、イエス様に十字架をお任せする、「私が担う」のではなく「イエス様と一緒に担う」というように切り替えるといいのではないでしょうか。私たちは、「変えられないものを受け入れる心の静けさと、変えられるものを変える勇気」に気づいて、イエス様に従う者になれたらいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 大阪の登美ヶ丘高校にダンス部があり、このダンス部は、NHKの紅白に出たり、沢山のコンクールで賞を取っ…
  2. 先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでし…
  3. アルベリオーネ神父は、一九一四年に聖パウロ修道会を創立したが、その数年前から幾人かの青少年を未来の会…
  4. 日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたの…
  5. 永富久雄神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分自身…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 2017年3月21日~24日、アルゼンチン・チリ・パラグアイ管区の第八回運営委員会が開催されました。…
  2. ハンドペインティングによってリアルに仕上がったフィギュアは、クリスマスを祝うオブジェとして、また、お…
  3. 「主の降誕」まで残すところあと数日というところで、今年の締めくくりの原稿を書いています。最近…
  4. 平素は格別のご厚情を賜り厚く御礼申しあげます。さて、誠に恐れ入りますが、下記の期間は当会のホ…
  5. 伝承によれば、聖ルチアはディオクレツィアヌス帝による迫害の最中の303年12月13日にシチリア島のシ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »