自分の十字架を背負う 年間第22主日(マタイ16・21~27)

今日の箇所の直前で、ペトロは立派な信仰告白をしたにもかかわらず、イエスが「長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを受けて殺され、三日目に復活することになっている」ことを話すと、ペトロはイエスをいさめ始めます。「いさめる」はギリシア語で「エピティマオー」が使われ、「叱る」「叱責する」「非難する」という意味です。弟子のペトロがイエスに「叱る」わけですから、私たちにはちょっと考えられない雰囲気です。イエスはペトロに「サタン、引き下がれ」と厳しく語ります。ペトロは他の誰よりもきつい表現で、イエスからお叱りを受けたのではないでしょうか。イエスは「わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」と続けます。

2011年3月11日、東日本大震災が起こりました。この大震災によって多くのことを考えさせられました。私はその大震災の時、東京にいて、とても怖い思いをしました。東京で震度5強でしたら、震源地に近い仙台などはもっともっと怖かったことでしょう。大震災から3か月たったある日、仙台、気仙沼、塩釜、石巻を訪問しました。特に気仙沼と石巻はガレキの撤去作業がまだ続いていて、復興までには相当の時間がかかるだろうなあと思いました。

地震だけでなく、津波、そして原子力発電による放射能の問題。いろいろな要素が重なっていて、とても複雑です。そうした中、石巻に「がんばろう石巻」という大きな看板がかけられていました。たくさんの苦しみを担っているけれど、それにあきらめることなく前向きに生きようとする雰囲気を感じました。日本の社会の中ではキリスト者は数少ないのですが、自分の十字架を背負い、困難の中にあっても前向きに生きる忍耐強い人たちが多いなあと感じました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 典礼は年間の最後が近づくということで、少し私たちの歩みを振り返ってみてもいいのかもしれません。…
  2. とまにちわ!ワケあって手に入った、長崎は五島列島のお土産。五島と言えば、世界遺産候補の長…
  3. 東日本大震災後81カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. マリア・アンヌンチアータ会は、パウロ家族の中の在俗的奉献生活者の会としては、唯一、日本に存在し、活動…
  5. 「タラント」はギリシアで用いた計算用の単位で、6000ドラクメに相当します。1ドラクメがローマの銀貨…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 2017年10月23日~25日、CTIA(総本部直属組織/聖パウロ修道会使徒職専門委員会)の会議がイ…
  2. 今回は、1月17日に祝われる聖アントニオ(エジプトの)修道院長を取り上げたいと思います。「聖アントニ…
  3. 2016/10/2

    守護の天使
    10月2日は、守護の天使の記念日です。この日の3日前には、聖ミカエル 聖ガブリエル 聖ラファエル大天…
  4. 【たとえ信者でなくとも遊びながら聖書の世界へ♪】本日はサンパウロ東京店<キリスト教書籍フロアー>か…
  5. 聖パウロはローマで斬首されたと聞いていますが、どこに書かれているのですか? 新約聖書に書かれています…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »