不思議な呼びかけ 日数谷一良修道士

私がパウロ会に入会したのは、23歳の時です。1959年11月3日のことで、福岡修道院に入りました。それまでは半農半漁で、家の手伝いをし、海が荒れたりした時は、農業をしていました。

当時、黒島からは立石幸雄神父さんがすでに入会していました。私が20歳の頃、福岡からチリオ神父さんが募集にやってきました。実は私ではなく小学生の弟のほうで、私は隣の部屋でゴロンと横になり、話を静かに聞いていました。弟は入会を断り、私の方はまだ入会などについては考えていませんでした。それから数年たち、結婚するのがいいのか、他の道がいいのか考え、母とも相談しました。

終生誓願(1972年)

いろいろ考えた末、福岡のパウロ会に連絡し、チリオ神父さんと佐世保で会うことにしました。しばらくたってから「11月3日に福岡修道院へ来てください」との入会許可の手紙をいただきましたが、その時、私は五島へ漁に行っていました。

私は入会するまで聖書を手にしたことがなかったし、教会でも聖書がそんなに普及していませんでした。「公教要理」と司祭の説教ですべてをまかなっていたのでしょうか。聖パウロのことだってよく知っていませんでした。そんな私が入会したのも不思議です。

福岡修道院に入って感じたことは、自分の家では朝、晩の祈りを唱えるくらいでしたが、修道院では祈りが多く、仕事の合間にも射祷を唱えたりする。すごいなあと思いましたね。パウロ山野忠次郎修道士さんのもとで働き、福岡修道院で3年間過ごしました。庭の草刈り、植木の仕事など…。マスコミ関連の仕事などはしませんでした。山野修道士さんから「東京へ行ったら、マスコミの仕事があるし、行けるからがんばってください」と励まされました。

赤波江神父(右)とともに終生誓願

やがて東京へ異動し、修練に入る前に創立者が来日し、ちょうどよい機会だからということで、東京の赤坂修道院で着衣を受けました。その後、二年間の修練に入り、ヴァラルド神父様が修練長でした。この修練期が一番楽しい時期でしたね。信心にも全力投球できるし、何でも一緒で、共同生活の楽しさや素晴らしさを満喫しました。修練仲間とは年齢差がずいぶんありましたが、みんな仲良く、気が合っていました。

初誓願の時はとても感激しました。多くの人の祈り、犠牲、協力、支えをすごく感じました。けっして自分の力ではないということも…。

終生誓願を立てる前に、スータンを新調してくれましたが、そのサイズを計る前にちょっとした迷いもありました。でもあとで考えなおしてスータンを作り、終生誓願も立てました。それが自分にとってはとても刺激になりましたね。

これまでの使徒職は、赤坂修道院ではイタリア製の活版印刷機で、八王子修学院に移転してからはオフセットの印刷機、紙倉庫の係、製版などをして、今は小さな印刷機で印刷の使徒職をしています。

パウロは宣教に際して、いろいろな苦しみに出会ったり、困難を体験していく。でもそれらを乗り越えるために、神様に信頼していきました。私にとってとても模範になります。パウロの強い精神に倣いながら、今後も歩んでいこうと思います。(談)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東日本大震災後79カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. 先日、一人の方に「ベトナムの洗剤や食器を洗うもの」についての問い合わせを受けました。…
  3. 私は、以前しばらくの間修道院を一旦離れて、一般の会社で働いたことがあります。その時に頂いた初めての給…
  4. 初代教会は、聖ペトロと聖パウロのけんかによって発展したということを聞きました。ほんとうのところ、二人…
  5. ※本日予定しておりました、「加藤一二三 九段 トーク&サイン会」は、ご本人の体調不良のため、急き…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 聖ヨハネ・バプティスタ(ラ・サール)司祭の記念日は、4月7日です。ヨハネ・バプティスタ(ラ・サール)…
  2. 神のしもべ、尊者、福者、聖人の段階がありますが、これらはいつごろ、どのようにして決まったのですか?…
  3. リヨン(現在のフランス)の司教聖イレネオの記念日は6月28日です。イレネオがいつどこで生まれたかは、…
  4. 2017年6月2日~4日、ローマ市内の聖パウロ修道院でパウロ家族の60歳以下の集いがあり、種々の修道…
  5. ホーチミン市内を歩いてみると、時々落書きを見たりします。ローマ市内ほどひどくはありま…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »