アルゼンチン、チリ、パラグアイ管区の会議

2017年8月11日~13日、アルゼンチンのブエノスアイレスにあるフロリダ修道院で、アルゼンチン、チリ、パラグアイ管区の会議が行われました。この会議の中で、将来を見据えながら、パウロ的生活と使命について考えていきました。この会議には、シスター・マルセロ・デッツィが同伴してくれました。また検証訪問期間にあたり、総顧問のルイジ・ボフェッリ修道士も同席してくれました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 大阪の登美ヶ丘高校にダンス部があり、このダンス部は、NHKの紅白に出たり、沢山のコンクールで賞を取っ…
  2. 先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでし…
  3. アルベリオーネ神父は、一九一四年に聖パウロ修道会を創立したが、その数年前から幾人かの青少年を未来の会…
  4. 日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたの…
  5. 永富久雄神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分自身…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 毎年9月最後の日曜日は、「世界難民移住移動者の日」となっています。シリアをはじめ、世界の各地で、難民…
  2. 2017年3月16日~18日、メキシコのパウロ家族の集いが開催され、管区長、管区顧問、院長たちが集い…
  3. 2月18日(土)、ベトナム語学校もお休みでしたので、久しぶりにのんびりとブラザー牧山とともに、メコン…
  4. 私の入会を受け入れ、修道会に導いて下さった神様に感謝したいと思います。小学生のころは「ラテン…
  5. 2月23日は、スミルナの司教、聖ポリカルポの記念日です。スミルナという町は、小アジア半島西岸に位置す…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »