メキシコでのサマーコース

2017年7月10日~28日、メキシコで「福音化のためのコミュニケーション」と題してサマーコースが開催され、司牧に関わる信徒、神学生、修道者、司祭など、約80名が参加しました。このコースでは、教皇フランシスコの「広報の日のメッセージ」などを参考にしながら、ファウスティーノ・エルサンデス・エステヴェス神父(管区長)、ラファエル・エスピーノ・グスマン神父(Comfilの校長)、シスター・ヴィクトール・レネ・ロドリゲス・ゴメス(メキシコ広報委員会のメンバー)などが講演しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東日本大震災後79カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. 先日、一人の方に「ベトナムの洗剤や食器を洗うもの」についての問い合わせを受けました。…
  3. 私は、以前しばらくの間修道院を一旦離れて、一般の会社で働いたことがあります。その時に頂いた初めての給…
  4. 初代教会は、聖ペトロと聖パウロのけんかによって発展したということを聞きました。ほんとうのところ、二人…
  5. ※本日予定しておりました、「加藤一二三 九段 トーク&サイン会」は、ご本人の体調不良のため、急き…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 1917年5月13日、聖母マリアがポルトガルのファティマにご出現なさって100年になります。今回は、…
  2. 王であるキリストの祭日は、典礼暦で最後の日曜日に当たり(次の日曜日から待降節が始まります)、世の終わ…
  3. 教会の祭日・祝日の制定された経緯とそれぞれの祭日・祝日の目的や意味について教えてください。カトリ…
  4. 聖ヨサファト・クンチェヴィッチの記念日は11月12日です。彼は、1580年、現在ではウクライナにある…
  5. 外国に行って、ミサに与る時たとえ言葉は分からなくても、いま、第1朗読を読んでいる、福音書が朗読されて…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »