第二バチカン公会議を、今日に生きる

本書は、第二バチカン公会議の開催に至るまでの準備段階を振り返り、さらに公会議の実りである「憲章」や「教令」などを解説している。
カトリック教会の刷新と改革を目指した第二バチカン公会議後、半世紀が過ぎた今日、その刷新と改革の歩みを総括し、これらの道標を明確にしていく重い責任と使命が課せられることが示される。

著者:佐々木 博
定価:1,600円+税
判型:A5判並製
ページ数:194ページ
ISBN:978-4-8056-5634-1
発行:サンパウロ
※2017年9月13日発売予定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. —ルカはなぜパウロの殉教を記さなかったのですか? ルカが『使徒言行録』を記したのは、パウロの殉教から…
  2. 今日は「王であるキリスト」の主日です。「王」という言葉は、部族や種族の長たる者を「王」と呼んだり、「…
  3. 一九○八年十月に、アルベリオーネ神父は、母校であるアルバ神学校に呼び戻され、教授、霊的指導者、及び聴…
  4. マタイによる福音書25章31節~46節人の子が栄光に包まれ、すべてのみ使いを従えてくると…
  5. みなさん、こんにちは。聖パウロ修道会の山内神父です。私は去年の7月からベトナムのホーチミン市…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. クリスマスを前に、今年もキリスト教出版社、絵本出版社、グッズメーカー約40社が一同に会し、展示、即売…
  2. 作曲家のヘンデルで作った曲の中に「メサイア」があります。バッハの「マタイ受難曲」とともに、宗教音楽と…
  3. 2016/12/28

    幼子殉教者
    教会は、主イエス・キリストの降誕を祝った3日後の12月28日に「幼子殉教者」を祝います。これは、マタ…
  4. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…
  5. 裁判官と一人のやもめとでは、権力の大きな違いがあります。裁判などの場面に遭遇すれば、一人のやもめにと…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »