改修中のサイゴン教会

ベトナムのホーチミン市内でひときわ目立つのはサイゴン教会です。街のシンボルと言ってもよいでしょう。
カテドラルにもなっていますが、多くの方々に親しまれ、「聖母教会」とも呼ばれたりしています。

この教会は1895年に建てられたもので、だんだん老朽化が進んだこともあって改修工事が始まりました。
そのため、教会の周りは囲いがなされ、ミサ以外の時は中に入ることができません。改修は二年くらいかかるのでしょうか…。

中に入れない、通常は撮影禁止になっているので、周りには写真が飾られています。それを見るだけでも退屈しません。

最初にこの教会が建てられたのは、1880年で、火事か何かで1895年に壊れたようです。

その当時の写真もありますが、とてもきれいな教会だったのですね。

1895年に再建され、現在にいたっています。

歴史を追って写真を見ると、周りの建物が変わっていたり、シスターたちの服装が若干変わっていたり…。

ステンドグラスや教会の鐘の写真もありますが、一番大きい鐘は、1.9mあり、重さは5931キロと記されていますので、相当な重さになります。

また荘厳なミサの雰囲気もあり、工事現場とは思えないような趣です。

そんなことで、二年後、改修された教会がどのようになるのか、ちょっと楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 大阪の登美ヶ丘高校にダンス部があり、このダンス部は、NHKの紅白に出たり、沢山のコンクールで賞を取っ…
  2. 先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでし…
  3. アルベリオーネ神父は、一九一四年に聖パウロ修道会を創立したが、その数年前から幾人かの青少年を未来の会…
  4. 日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたの…
  5. 永富久雄神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分自身…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. とまにちわ!パウロ家族合同で行われた年の黙想会。シスターの参加が圧倒的に多くって、当然周…
  2. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  3. 2016/9/21

    聖マタイ使徒
    9月21日は、12使徒の一人である聖マタイの祝日です。この日の福音では、マタイの召し出しの場面が読ま…
  4. 聖霊降臨の主日で復活節が終わると、その次の日曜日には三位一体の主日が祝われます。そこで今回は、三位一…
  5. 11月11日は、聖マルチノ司教の記念日です。聖マルチノは、317年頃に生まれました。マルチノは、軍人…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »