小さな池と水事情

ホーチミン共同体のベランダに小さな池があります。最近、志願者のフイがリニューアルしました。

きれいな形になり、魚も元気よく泳いでいるのですが、水が悪いためか、数日したら池がだんだん緑色になっていきます。

共同体の飲み水は、フィルターを通したものを使って飲んでいます。フィルターは三本あって、この三本を通したものを飲んでいますが、さすがにミネラルウォーターにはかないませんね。

ベトナムで生活して一年になりますが、この水にもすっかり慣れました。このフィルター、三か月には一度交換する必要があり、そろそろ交換の時期です。

さて池の水は数日で緑色になるため、この前帰国した際、一人の信者さんに水をきれいにする小さな石をいただきました。

ちょっと見ると金魚のえさに見えて、金魚たちも最初は餌と思って食べたようです。

これを池の中に入れたものの、金魚がウロウロするとバラバラになるため、蓋をして何とかしのぐことができました。おかげで何となく水がきれいになった感じもしますが、それでも一週間はもたないような…。

夜になると、ライトアップされ、聖母像の足元は赤いネオンのような…。これはベトナム風かなあ…。おかげさまで魚たちは元気に泳いでいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!また会いに来てくれてありがとうございます。久しぶりに、いただいたお便りをご紹…
  2. 私が20代の頃でしょうか、母から「最近物忘れがひどくなるし、耳も聞こえにくくなった」と言われたことが…
  3. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  4. 2017年10月16日から21日まで、イタリアのアリッチャで第2回聖パウロ修道会出版社・編集…
  5. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017年10月7日より開催とお知らせしておりました、「ロザリオフェア」のイベントにつきまして…
  2. 塩と光にはどんな意味が込められているのでしょうか。「塩」は調味や防腐に用いられ、人間の生活のために重…
  3. 2017年1月25日、インドの聖パウロ修道会の修道院において、アニール・クマール・パサラ修道士とティ…
  4. 同病相あわれむというか、ヤコブは病身の同級生アゴスチノ・ボレロ(Agostino Borello)と…
  5. 今日の第一朗読の中で、「彼は悔い改めて、自分の行ったすべての背きから離れたのだから、必ず生きる。死ぬ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »