光り輝く雲 主の変容(マタイ17・1~9)

イエスの変容の場面ですが、イエスはペトロ、ヤコブ、ヨハネの三人だけを連れて、山に登ります。マタイ福音書にとって「山」は神との出会いの場所であり、とても神聖な意味合いを持っています。弟子たちは三人ですが、最初の四人の召命を受けた仲間で考えるとアンデレが抜けていますが、何か悪いことでもしたのか、この時、イエスから気に入られなかったのかと考えてしまいますが、それは別問題でしょう。

高い山に到着して、イエスの姿が変わっていきます。「顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった」と言います。主が復活した時の姿と共通していて、復活の前表とも言えます。また輝かしい姿の中に、神々しさや人間の思いをはるかに越えたものが感じられます。

さらにペトロが話しているうちに光り輝く雲が覆ってきます。ちょうどこれに似たような状況は、モーセがシナイ山で体験したことと似ています。雲には、目には見えないけれど、神が現存していることを表現するのによく使われたりします。

夏の北アルプスなどに登っていると、午前中は天気がよくても、午後からは天気が変わったりします。10年くらい前ですが、蓮華温泉から白馬大池へ行き、白馬岳に登ったことがあります。夜行列車で平岩駅に着き、バスに乗って蓮華温泉へ…。登山開始の時は曇っていて、歩くにはちょうどよい天気でしたが、11時くらいからだんだん雲が覆い始め、12時くらいに山小屋に到着したものの、周囲全体が真っ暗になっていき、最後には雷が鳴り始めて、とても怖い思いをしたことがあります。北アルプスを登っていて感じるのは、雲というのは、雨、雷といったイメージを強く感じさせます。それは同時に、人間の小ささ、自然の偉大さなどを…。

聖書の中で雲は、神の現存を示すものですが、私たちも今日の雲を見ながら、神との出会いを感じ取ってみたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 誘惑は誰にでもあります。甘い物を好きな人が、医者から止められているのにもかかわらずついつい食べてしま…
  2. イエスは何をしたのでしょうか。なぜ人びとはイエスを覚えているのでしょうか。さあ、彼の仲間…
  3. 一九一四年(大正三年)に細々と発足した聖パウロ会は、第一次世界大戦の荒波をもろにかぶった。出版使徒職…
  4. 2018年2月15日、ブラジルのアパレシーダで聖パウロ修道会の中間総会が始まりました。…
  5. 私は長崎県の田平教会出身です。私がどうしてパウロ会に入会したかを、紹介したいと思います。小学…

ピックアップ記事

  1. 私たちは、どのような時におん父から恵みをいただいたかということが分かるでしょうか。おん父は、私たちが…
  2. 聖書の中には、たくさんの回心の場面が登場します。その中でも「ルカによる福音書」を振り返ってみると、レ…
  3. 矛盾を感じます。テモテには割礼を授けながら、その他のところでは割礼に反対しています。どうしてですか?…
  4. 「女の頭は男。男が女のために造られたのではなく、女が男のために造られた。」(一コリント11・4、9)…
  5. 2017年4月4日、創立者ヤコブ・アルベリオーネ神父の生誕133年を記念して、ソウル(韓国)の聖パウ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »