ベネディクト会(女子)の黙想の家〜補足〜

昨日、黙想の家をアップしましたが、茅葺のような家は、バナナの葉でできていると説明したのですが、後で、お友達から「ココナッツの葉」だと指摘を受けました。

それで今日、確かめてみたら、確かにココナッツの葉(枝)かなあ…。外観、一部、内部を撮影してみました。

また隣には聖堂があり、とても東洋的な雰囲気です。祭壇、朗読台など、独特な感じがします。

また外にはドラがあり、時間を合図するのでしょう。また聖堂の隣には井戸がありますが、今は蓋がされていました。

ココナッツの葉で作った屋根が印象的です。敷地を歩いていると、ネムの木でしょうか、花が咲いていました。鮮やかなのは南国独特かなあ…。

裏庭へ行くと聖ヨセフが幼子イエスを差し出したご像がありました。「使徒の女王」だと、聖母マリアが差し出していますが、ここのご像はとても特徴的ですね。

また中庭には、木の途中の所に熊の像が飾られていて、管理しているシスターの趣味でしょうかね。

部屋はとてもシンプルで、必要最小限という感じで、黙想に専念できる雰囲気でした。

さすがにここは黙想所ということもあり、「ケータイ電話、ipad、コンピュータなどは、タンスの中に入れてください」と注意書きがありました。盗難防止とともに、静けさを保つためでしょう。

昼時でしたが、ちょうど飲み物が置かれていました。蜂蜜味の中に、昆布、レンコン、ライチ、松の実、干しブドウなどがあり、他にも日本でみたことのないフルーツが入っていて、とても味わい深いものでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 2017/1/6

    主の公現
    「主の公現」の祭日は「公に現す」という字からも分かるとおり、この日は神の御子イエス・キリストが人とな…
  2. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  3. 総長ヴァルディール・ホセ・デ・カストロ神父は、2017年1月30日から2月2日、ペルー・ボリヴィア地…
  4. 聖パトリック司教の記念日は3月17日。日本の教会の典礼暦では、長崎の信徒発見記念日と同じ日にあたりま…
  5. ことわざの中に「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉があります。それは、学問や徳が深まるにつれて謙…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »