ベネディクト会(女子)の黙想の家〜補足〜

昨日、黙想の家をアップしましたが、茅葺のような家は、バナナの葉でできていると説明したのですが、後で、お友達から「ココナッツの葉」だと指摘を受けました。

それで今日、確かめてみたら、確かにココナッツの葉(枝)かなあ…。外観、一部、内部を撮影してみました。

また隣には聖堂があり、とても東洋的な雰囲気です。祭壇、朗読台など、独特な感じがします。

また外にはドラがあり、時間を合図するのでしょう。また聖堂の隣には井戸がありますが、今は蓋がされていました。

ココナッツの葉で作った屋根が印象的です。敷地を歩いていると、ネムの木でしょうか、花が咲いていました。鮮やかなのは南国独特かなあ…。

裏庭へ行くと聖ヨセフが幼子イエスを差し出したご像がありました。「使徒の女王」だと、聖母マリアが差し出していますが、ここのご像はとても特徴的ですね。

また中庭には、木の途中の所に熊の像が飾られていて、管理しているシスターの趣味でしょうかね。

部屋はとてもシンプルで、必要最小限という感じで、黙想に専念できる雰囲気でした。

さすがにここは黙想所ということもあり、「ケータイ電話、ipad、コンピュータなどは、タンスの中に入れてください」と注意書きがありました。盗難防止とともに、静けさを保つためでしょう。

昼時でしたが、ちょうど飲み物が置かれていました。蜂蜜味の中に、昆布、レンコン、ライチ、松の実、干しブドウなどがあり、他にも日本でみたことのないフルーツが入っていて、とても味わい深いものでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!また会いに来てくれてありがとうございます。久しぶりに、いただいたお便りをご紹…
  2. 私が20代の頃でしょうか、母から「最近物忘れがひどくなるし、耳も聞こえにくくなった」と言われたことが…
  3. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  4. 2017年10月16日から21日まで、イタリアのアリッチャで第2回聖パウロ修道会出版社・編集…
  5. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. イエスが誕生した時、東方の博士たちは「お生まれになったユダヤ人の王は、どこにおられますか」(マタ2・…
  2. 【見逃せない!手作りエッグオーナメントは世界にひとつだけ♪】オーストリア・ピータープリース手工芸社…
  3. 矛盾を感じます。テモテには割礼を授けながら、その他のところでは割礼に反対しています。どうしてですか?…
  4. 2016/9/1

    夏の思い出
    父が帰天したのは1988年8月7日で、つい最近その命日を迎えたが、あれからもう28年の歳月が流れた。…
  5. 子どもの時の印象が強いためか、「二羽の雀」と聞くと、ついつい「庭の雀」を思い出してしまいます。しかも…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »