ベネディクト会(女子)の黙想の家

2017年7月27日から8月1日まで、ある修道会の年の黙想の指導を頼まれて、ベネディクト会(女子)の黙想の家に来ています。黙想指導はもちろん日本語ですが…。

しかも午前中はベトナム語の授業があるので、指導ができないため、学校が終わったら昼食を終え、すぐに黙想の家へ行っています。市内から黙想の家まで、バイクで40分くらいの所にあります。サイゴン市内に郊外なのでとても静かですね。ただ飛行機の着陸コースの真下であるため、飛行機が通るとちょっとうるさいかなあ…。

ちなみに黙想参加者は、サイゴン市内に住む二人のシスター、カンボジアで奉仕している二人のシスター、合計4名の小グループです。とても雰囲気がいいですね。

黙想所もフランス式の建物であったり、ベトナム式のものであったり…。屋根は茅葺かなあと思ってよく見ると、バナナの葉でできている感じです。うまく使っているなあと思います。そこは小さなチャペルにもなっていて、ミサをささげることもできます。その隣にはオレンジ色の瓦でできた聖堂があり、ベネディクト会のシスター方のきれいな祈りが聞こえてきます。志願者たちも合わせると70名近くはいるのかなあ?

講話は屋外の東屋のようなところで行っています。そこもまたミサをささげることができます。しかも風がよく通り、心地よい息吹の中で黙想を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私が小学校5年生の頃に麻疹(はしか)の菌が原因で盲腸炎を起こして入院したことがあります。術後の痛さは…
  2. サイゴン市内を歩いていると、バイクを運転しながらケータイ電話をかけている状況を目にしたりします。とて…
  3. 今日のみことばの中に「わたしはイスラエルの失われた羊のためにしか遣わされていない」(マタ15・24)…
  4. とまにちわ!会員たちのエッセイとか日々の出来事が載っている、聖パウロ修道会の情報誌『希望の丘…
  5. 5年くらい前の7月中旬、フランシスコ会の友人と一緒に飯豊(いいで)山に登りました。福島県、新潟県、山…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2016/12/1

    待降節
    今年も一年が終わろうとしています。しかし、「典礼暦」の上では、すでに新しい一年が始まっています。典礼…
  2. 五島列島の久賀島に「ろうや牢屋のさこ窄」という殉教地があります。私も巡礼で何回となく訪問しました。一…
  3. 近くにある聖フランシスコ・ザビエル教会、聖ヨセフ教会、ダク・ロー教会を訪問してみました。…
  4. 【華やかで繊細な「ロザリオ」の魅力にうっとり♪】ため息の出るような美しいロザリオが、サンパウロ東京…
  5. 南沙諸島をめぐり、中国、ベトナム、フィリピンが領有権をめぐって争っています。日本のテレビや新聞でも報…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »