家庭の友 2017年9月号

毎年9月最後の日曜日は、「世界難民移住移動者の日」となっています。シリアをはじめ、世界の各地で、難民となっている方々が数多くいます。今回の特集では、シリア難民・避難民の状況のことで、今年の4月2日から13日まで、ヨルダン、レバノン、トルコを訪問なさったアグネス・チャンさん(ユニセフ・アジア親善大使)が、実際に訪問してお感じになったことを語ってくださいました。また今から42年前、ベトナム戦争の影響でボートピールとなり、その時の体験を、シスター・マリア・チャン・ティー・ガットさん(聖パウロ女子修道会)が執筆してくださいました。9月号の発行は、8月10日頃を予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 誘惑は誰にでもあります。甘い物を好きな人が、医者から止められているのにもかかわらずついつい食べてしま…
  2. イエスは何をしたのでしょうか。なぜ人びとはイエスを覚えているのでしょうか。さあ、彼の仲間…
  3. 一九一四年(大正三年)に細々と発足した聖パウロ会は、第一次世界大戦の荒波をもろにかぶった。出版使徒職…
  4. 2018年2月15日、ブラジルのアパレシーダで聖パウロ修道会の中間総会が始まりました。…
  5. 私は長崎県の田平教会出身です。私がどうしてパウロ会に入会したかを、紹介したいと思います。小学…

ピックアップ記事

  1. 「どうして神父になりたいと思ったのですか」今まで何十回こんな質問を受けたか分からない。冗談ま…
  2. 2017年4月30日、コロンビアに聖パウロ修道会が設立されて70周年記念の機会に、アントニオ・マルチ…
  3. キリスト教の司祭職がどのように生まれたのか教えてください。現在の司祭職が確立するまでに、およそ千…
  4. 【新たな幸福を見つけて♪教皇フランシスコの365の言葉】サンパウロ東京店<キリスト教書籍フロアー>…
  5. 四旬節は、イエス・キリストの復活をふさわしく迎えるように、受難と死を黙想し、犠牲・罪の償い・回心に励…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »