暑気払いにと思ってウナギを食べに行きました

日本では(2017年は)7月25日と8月6日が土用の丑の日ですが、暑気払いにと思ってウナギを食べに行きました。

「ナムボー」という店で、バイクで10分くらいの所でした。

とても広いレストランで、相当のお客さんが入りそうな所です。おまけにおしゃれな感じの店でした。

ビールを飲みながらベトナム料理を堪能しました。最初にウズラの卵ですが、孵化する直前の卵で、食べるにはちょっと抵抗がありました。

他には春巻き、タニシ、豚肉、パイナップルの中に入った野菜、イカ、ウナギなど。

ウナギは11万ドンで、日本円では550円くらいでしょうか…。

おかげで暑気払いにはなり、最後にはチャーハン。海産物が入っていて、とてもおいしいなあと思いました。

せっかくなので、店内を散策してみたのですが、かなり大きいなあと感じました。

VIPの部屋があったり、結婚式の披露宴などにも使いそうな部屋があったり…。気分転換のひと時でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 誘惑は誰にでもあります。甘い物を好きな人が、医者から止められているのにもかかわらずついつい食べてしま…
  2. イエスは何をしたのでしょうか。なぜ人びとはイエスを覚えているのでしょうか。さあ、彼の仲間…
  3. 一九一四年(大正三年)に細々と発足した聖パウロ会は、第一次世界大戦の荒波をもろにかぶった。出版使徒職…
  4. 2018年2月15日、ブラジルのアパレシーダで聖パウロ修道会の中間総会が始まりました。…
  5. 私は長崎県の田平教会出身です。私がどうしてパウロ会に入会したかを、紹介したいと思います。小学…

ピックアップ記事

  1. ブラの神学校は、レンガづくりの、いかにも威厳のある建てがまえをし、中庭に面したところには、風のよく通…
  2. 聖パウロ協力者会・九州地方区の会報誌「きずな」(No.70)をご紹介いたします!神父や会員のコラ…
  3. 私たちは、医療がどんなに進歩しても、いつかは死を迎えます。それがいつなのか分かりません。ですから、い…
  4. 今日のみことばに登場するファリサイ派の人はとても立派な人です。「週に二度断食し、全収入の十分の一を納…
  5. パウロは逃亡奴隷オネシモのために、その主人フィレモンにとりなしの手紙を書きましたが、奴隷制度そのもの…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »