長谷川路可 フレスコ、モザイクのパイオニア Kindle版

旧国立競技場のメインスタンド正面の一対のモザイク《勝利》(野見宿禰像)と《栄光》(ギリシャの女神)を制作した長谷川路可。彼の没後50年を記念して、その生涯と作品をたどる一冊。
日本画、フレスコ、モザイク、ステンドグラス……といった多彩な制作活動と後進の指導、西域壁画模写などについて、8名の方々からのご寄稿を掲載。ローマ日本文化会館元館長で東京都庭園美術館名誉館長の井関正昭氏、長谷川路可の弟子で壁画制作者の原田恭子氏、路可による日本初のフレスコ画を所蔵する大和学園聖セシリアの理事長・伊東公子先生、泉屋博古館分館長の野地耕一郎氏、路可の西域壁画模写を修復している東京芸術大学の荒井経先生、尾張徳川家学芸員の香山里絵氏、日本二十六聖人記念館の《長崎への道》を修復した東京文化財研究所・壁画保存修復士の前川佳文氏、長谷川路可記念会代表の長谷川路夫氏。
信仰と芸術に生き、多方面で才能を開かせた路可(ルカ)を、いま私たちはもっと知りたくなる。

著者:水野宏美、井関正昭、原田恭子、伊東公子、野地耕一郎、荒井経、香山里絵 他
フォーマット: Kindle版
Kindle価格:700円(Kindle Unlimitedは無料)
ファイルサイズ: 3330 KB
紙の本の長さ: 145 ページ
出版社: サンパウロ
※Kindle版とは、Amazonが発売しているKindleという名前のついた端末で読むことのできる電子書籍のことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
  2. 視聴期限:2017年12月19日10時00分まで。イルミネーションで満ちあふれ、ウキウ…
  3. 私が生まれたのは1934年11月29日で、最初の二人の宣教師が来日する約10日前になります。日本のパ…
  4. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  5. 日常生活にとって、トイレは大切なものですが、ベトナムで生活していると日本と違う雰囲気を感じたりします…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  2. 2017年10月11日、「カトリック教会のカテキズム」が発行されて25年になりますが、この機会に新し…
  3. 2016/12/22

    主の誕生
    今年もクリスマスがやって来ました。私たちのために神の子が人となられたこと、救い主が生まれたことを教会…
  4. 聖パウロ修道会の創立記念日とパウロ家族の誕生日である、本日8月20日、聖パウロ修道会総長のヴァルディ…
  5. 私たちにとって「苦しみ」や「痛み」とは、どのようなものなのでしょうか。きょう私たちは、「主の受難」を…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »