万人司祭職

「初代教会の信徒たちは全員が祭司だと考えていた」という指摘がありましたが、その根拠が知りたいです。

すべての信徒が祭司であるという指摘は一ペトロ2・5と2・9、黙示録1・6などに明記されています。

「あなたがた自身も生きた石として用いられ、霊的な家に造り上げられるようにしなさい。そして聖なる祭司となって神に喜ばれる霊的ないけにえを、イエス・キリストを通して献げなさい。」(一ペトロ2・5)

「わたしたちを王とし、御自身の父である神に仕える祭司としてくださった方に、栄光と力が世々限りなくありますように、アーメン。」(黙1・6)

ご存知のように、ユダヤ教においては、レビ族の者だけが祭司となる資格を持ちます。したがって、イエスもパウロも祭司となる資格を持ちませんでした。にもかかわらず、パウロは自分が祭司の役を果たしていると言います。

「私は神の福音のために祭司の役を務めています。それは、異邦人が聖霊によって聖なるものとされた、神に喜ばれる供え物となるためです。」(ローマ15・16)

ここで注目したいのは、パウロが祭司の役と呼ぶものが、異邦人に福音を告げることであり、パウロのささげ物は、福音を信じる異邦人であることです。祭司と言いながらも、その職務内容は全く新しくされています。

このような「新しい祭司職理解」は、イエスに始まっていると考えられます。最後の晩餐のお言葉に注目しましょう。

「この杯は、私の血によって立てられる新しい契約である。飲む度に、私の記念としてこのように行いなさい」(一コリント11・25)。

ここでは旧約の祭儀を踏まえながらも、全く新しい祭儀が示されています。イエスによって、動物の血の祭儀は終了し、代わってぶどう酒が採用されます。

ここではイエスが祭司です。これは全く新しいことです。ユダヤ教の祭司の規定を乗り越えて、イエスは祭司として、新しい祭儀を命じたのでした。

この点を強調したのが『ヘブライ人への手紙』です。そこではイエスこそが真の大祭司であること、イエスの祭司職は、伝統的な祭司職ではなく、伝統を超えた「新しい祭司職」であることが強調されています。

すべての信徒が祭司であることの根拠は、このキリストの祭司職にあります。すべての信徒はキリストの体に組み込まれていますから、キリストの神秘体としてキリストの祭司職に与かります。この意味ですべての信徒は祭司です。

・回答者=鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. アルベリオーネ神父は、一九一四年に聖パウロ修道会を創立したが、その数年前から幾人かの青少年を未来の会…
  2. 日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたの…
  3. 永富久雄神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分自身…
  4. 教皇フランシスコは、原爆投下後の長崎で撮影された「焼き場に立つ少年」の写真をカードに印刷し、「…戦争…
  5. マルコによる福音書1章14節~20節ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤに行…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  2. 「備えあれば憂いなし」という諺(ことわざ)があります。これは、「普段から準備をしていれば、いざという…
  3. 6月はみ心に捧げられています。サンパウロ東京店(4階)にてみこころフェアを開催いたします。関…
  4. 聖パウロは結婚していたのですか。パウロが書いた『第一コリント』には、パウロの結婚に関連する記述が…
  5. 2017年9月の人気記事ランキングをまとめてみました。百村等神父の訃報、ロザリオフェアのお知らせ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »