ベネズエラでの助祭叙階式

2017年6月24日、ベネズエラのカラカスでホセ・アンヘル・トレス神学生が助祭に叙階されました。司式はカラカス大司教区の補佐司教ホセ・トゥリニダド・フェルナンデス司教でした。この式には数多くのパウロ家族の会員や信徒たちが参加しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ちょうど今の時期は夜明けが遅く、日没が早くなり、光のありがたさを特に感じる時期です。冬至も間近で、寒…
  2. ペトロアンデレの兄弟で、使徒たちのリーダーでした。ヨハネ福音書によると洗礼者ヨハネの弟子で、共観…
  3. アルベリオーネ神父は、神学校内での教育だけでなく、教会へ出かけて行って直接信者たちに接し、講演し、秘…
  4. 教会はイエス・キリストによって始められ、ペトロを中心とした弟子たちに引き継がれ発展していきました。…
  5. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. ミサに参加すると、教会によって祭壇上のろうそくの本数が違ったりすることがあります。本数についての決ま…
  2. とまにちわ!夏なので、いただいたお便りを時空を超えてご紹介させていただきます!「この機会…
  3. 2017年3月25日、イタリアからの総顧問の二人が、日本管区の検証訪問を終え、離日しました。離日…
  4. 年齢とともに熱意というものは低下するものでしょうか。必ずしもそうとは言えないようです。ほぼ6年前、東…
  5. 2014年、百村神父さんは院長職を終えた永富神父に代わって福岡修道院の所属になりました。車の運転をな…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »