フィリピンでの終生誓願式

2017年6月24日、フィリピンのマカティ修道院で二名の会員(アルベルト・ガロン神学生とエリック・マルコ・サラマト神学生)が終生誓願を立てました。司式は管区長のホセ・アリピオ神父。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私が小学校5年生の頃に麻疹(はしか)の菌が原因で盲腸炎を起こして入院したことがあります。術後の痛さは…
  2. サイゴン市内を歩いていると、バイクを運転しながらケータイ電話をかけている状況を目にしたりします。とて…
  3. 今日のみことばの中に「わたしはイスラエルの失われた羊のためにしか遣わされていない」(マタ15・24)…
  4. とまにちわ!会員たちのエッセイとか日々の出来事が載っている、聖パウロ修道会の情報誌『希望の丘…
  5. 5年くらい前の7月中旬、フランシスコ会の友人と一緒に飯豊(いいで)山に登りました。福島県、新潟県、山…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 司祭になって三十二年になりますが、時が経つのも早いものです。叙階から三十年を超えるとそろそろ古株の域…
  2. 伝承によれば、聖ルチアはディオクレツィアヌス帝による迫害の最中の303年12月13日にシチリア島のシ…
  3. 2017年3月16日~18日、メキシコのパウロ家族の集いが開催され、管区長、管区顧問、院長たちが集い…
  4. はざた雅子さんが奏でる北欧フィンランドの楽器カンテレ。その繊細で美しい音色が優しくしみわたります…
  5. とまにちわ!ぼくたちの物語は始まったばかりだというのに、もう今年も終わっちゃうー!そ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »