フィリピンでの終生誓願式

2017年6月24日、フィリピンのマカティ修道院で二名の会員(アルベルト・ガロン神学生とエリック・マルコ・サラマト神学生)が終生誓願を立てました。司式は管区長のホセ・アリピオ神父。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 誘惑は誰にでもあります。甘い物を好きな人が、医者から止められているのにもかかわらずついつい食べてしま…
  2. イエスは何をしたのでしょうか。なぜ人びとはイエスを覚えているのでしょうか。さあ、彼の仲間…
  3. 一九一四年(大正三年)に細々と発足した聖パウロ会は、第一次世界大戦の荒波をもろにかぶった。出版使徒職…
  4. 2018年2月15日、ブラジルのアパレシーダで聖パウロ修道会の中間総会が始まりました。…
  5. 私は長崎県の田平教会出身です。私がどうしてパウロ会に入会したかを、紹介したいと思います。小学…

ピックアップ記事

  1. 重い皮膚病というのは、祭儀的に汚れたものと思われた皮膚疾患の総称でした。詳細については、レビ記13章…
  2. 2017年5月5日~9日、イタリアのシチリアでパウロ家族の集いが行われ、総長のヴァルディル・ジュセ・…
  3. 矛盾を感じます。テモテには割礼を授けながら、その他のところでは割礼に反対しています。どうしてですか?…
  4. パウロはいい意味で融通のきく「いい加減」な人だと思います。たとえば割礼に関して、あるところでは割礼を…
  5. 「ゆるし」と「ゆるしの秘跡」の起源はいつごろでしょうか?聖書をひもとくと、人間が犯す重大な罪は、…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »