光の恵み 年間第15主日(マタイ13・1~23)

六年前くらいのことですがM修道士と暇を見つけては、某修道院の庭で野菜を作っていました。ちょっとした気分転換、健康、収穫の喜びを味わうためなど、理由はいくつかあります。約十メートル四方に、トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、カボチャ、スイカ、レタス、サニーレタス、ネギ、玉ネギ、イチゴ、そして二十日大根。これだけ植えていて育つのかとお思いでしょうが、それが可能なのです。五月下旬、サニーレタスはほぼ収穫を終え、新しい苗を同じ場所に植えました。他は成長中で、約2か月もすれば、それなりの収穫が期待できるのではないでしょうか。

かれこれ一か月半前の4月上旬に私は二十日大根を植えました。すでにサニーレタスを植えていたこともあり、場所がなかったので日陰の所に植え、一方、M修道士は20日ほど前の4月下旬に、日当たりのよい場所に同じく二十日大根を植えました。「二十日」と称するので、M修道士の種は成長し、そろそろ収穫できるほどになりました。私のは「二十日」の倍の時が経過したにもかかわらず、M修道士の種よりももっと遅い成長ぶりです。「信仰の違いだよ」と言ってしまえばそれまでですが、同じ種、同じ土でも、光の加減でこんなに違うものかと実感しました。

今日のみことばには「種を蒔く人」のたとえが語られました。ある種は道端に、他の種は石だらけで土の少ない所、また茨の間、さらに良い土地にそれぞれ蒔かれました。良い土地以外のものは、遮られたり、邪魔されたり、収穫が乏しいものでした。良い土地に蒔かれたものは、百倍、六十倍、三十倍の実りをもたらします。植える場所によって、成長の度合いが違うことを教えてくれます。

私たちも神様から洗礼の恵みによって信仰の種を蒔いています。神様の光がたくさん当たるような場所に種を蒔いているでしょうか。私たちの蒔き方を点検してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 真っ白に輝くイエス。目の前でこれを見た弟子たち。船を捨て、従い、これで幸せになれると…
  2. 聖パウロは「キリストが私の内に生きている」と言っているそうですが、これって聖パウロが多重人格障害を持…
  3. モンテ・カルメロ修道院のはちみつと、天然ハーブを凝縮したハーブミックスのシロップです。木々が自らを守…
  4. 十字架は、ローマ人が東方から導入し、ローマ市民以外の罪人に対する残酷な処刑の道具として、コンスタンテ…
  5. 誘惑は誰にでもあります。甘い物を好きな人が、医者から止められているのにもかかわらずついつい食べてしま…

ピックアップ記事

  1. 教会はイエス・キリストによって始められ、ペトロを中心とした弟子たちに引き継がれ発展していきました。…
  2. 復活徹夜祭は、典礼暦の頂点に位置するものです。この夜、教会は十字架上で死に、葬られたキリストが復活す…
  3. 「食べる」という言葉を、ギリシア語で主に3つ見いだすことができます。よく使われるのが「エスティエイン…
  4. 旅行に行くときに、旅なれた人と、そうではない人の荷物の量は、かなり違います。例えその旅行が2、3日の…
  5. 毎年9月最後の日曜日は、「世界難民移住移動者の日」となっています。シリアをはじめ、世界の各地で、難民…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »