わたしの軛は負いやすい 年間第14主日(マタイ11・25~30)

六年前の3月11日、東日本大震災が起こりました。私はその時、東京にいて会員と二階の部屋で面接をしていました。都内でも震度5強の地震で、今までに体験した中では最も大きかったでしょう。最初は緩やかに揺れていたのですが、だんだん強くなり、あまりの揺れに怖くなって机の下に隠れました。それでもしばらく横揺れが続き、上から蛍光灯が落ちそうで、正面の大きなガラスも割れそうでした。3分くらい揺れは続いたでしょうか。それから20~30分して余震が起こり、その時も机の下に隠れました。震源地に近い宮城県、岩手県、福島県などはもっと甚大で、これらの地域は建物の損壊だけでなく、津波によって多くの犠牲者たちが出て、現在でも行方不明の方がたくさんいらっしゃいます。こうした震災で、イエスの「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」という言葉がとても響いてきます。

さらにイエスは「わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい」(マタ11・29)とも語ります。「軛」は「頚木」、「首木」とも書きます。二頭、三頭立ての牛や馬につける木で、イエスが語る「軛」とはどのようなものでしょうか。それは拘束されているように感じますが、弱くて元気のない牛や馬を、元気なイエスがこの首木を使って引っ張っていくことです。

かつてファリサイ派の人々はモーセが定めた「十戒」以外に、613からなる細かい掟を設けていました。そのうち248は「…しなさい」という内容、365は「…してはいけない」という否定的な内容でした。当時の人々は、このような掟でずいぶん拘束されていたことになります。そんな彼らに対してイエスは、「わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽い」と語ります。

重荷や苦労が耐えない人生であれば、イエスが「軛」を使って私たちを導いてくださる恵みを今日のみことばから味わいたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 典礼は年間の最後が近づくということで、少し私たちの歩みを振り返ってみてもいいのかもしれません。…
  2. とまにちわ!ワケあって手に入った、長崎は五島列島のお土産。五島と言えば、世界遺産候補の長…
  3. 東日本大震災後81カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. マリア・アンヌンチアータ会は、パウロ家族の中の在俗的奉献生活者の会としては、唯一、日本に存在し、活動…
  5. 「タラント」はギリシアで用いた計算用の単位で、6000ドラクメに相当します。1ドラクメがローマの銀貨…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへのイースターメッセージをお届けします。ぜひご覧…
  2. 2017年7月20日~30日、ブラジルのサンパウロで有期誓願者の集いが行われました。この集いには29…
  3. アジア大陸の保護の聖人であると同時に、福音宣教の保護の聖人である聖フランシスコ・ザビエルは、1549…
  4. 2016/10/23

    世界宣教の日
    教会は、典礼暦とは別に、一年の中でいくつかの特別な日を定めています。すでに見た世界病者の日(2月11…
  5. 2017年5月6日、インドのムンバイで「キリストを伝える」をテーマに、メディアに関するサマーコースが…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »