冷たい水の一杯 年間第13主日(マタイ10・37~42)

ベトナムのサイゴンで生活して、そろそろ一年になろうとしています。日中は一年中、30度を超す温度ですが、一年を過ごしてみると、温度差があることや、7月、8月が「夏」という固定観念がなくなる感じがします。

サイゴン市内で一番暑いのは4月と5月です。(日本では快適な時でしょうか。)雨期は5月下旬くらいから始まり、11月くらいまで続きます。その後、12月くらいから5月中旬くらいまでが乾期で、雨が少なくなります。もちろん年によって違うでしょうが、おおまかにそれくらいの感じです。どうして4月と5月が暑いかというと、一日中晴れている時が多く、日中には40度近くの気温になり、体が延びてしまいそうです。これが一日や二日だけならまだしも、連日となると体にこたえるものです。そうした中、雨が降ってくるととても涼しくなり、降った後の涼しさは体験してみないと分からないだろうなあと思います。日本だと、梅雨時の雨はうっとおしいものですが、サイゴン市内では涼しさをもたらしてくれます。

一年中暑いと、冷たい水はとても心地よいものです。今日の福音の中に、「これらの小さい者の一人に、冷たい水の一杯でも与える者は、必ずその報いを受ける」とイエスは語ります。暑ければ暑いほど、冷たい水の有難さが分かるのではないでしょうか。

ベトナム語の学校へ通うために、よくバスを利用しています。日本のようにきれいなバスではないのですが、一応、クーラーも効いていて、ラッシュアワーでもゆっくりと座ることができます。朝の6時半くらいから8時くらいは通学時間ですが、バスの中も混んだりします。満員の中、立っていると若い学生さんたちが自然に席を譲ってくれます。知らない顔をする人もいますが、ほとんどの学生さんたちは席を譲ってくれて親切だなあと思います。そんな時、「冷たい水の一杯」のことばが頭に浮かんできます。

困っている時、疲れている時、どんな親切な心をいただいているでしょうか。また逆にどんな親切を提供できるでしょうか。今日の福音は、そのことを伝えてくれるような気がします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 真っ白に輝くイエス。目の前でこれを見た弟子たち。船を捨て、従い、これで幸せになれると…
  2. 聖パウロは「キリストが私の内に生きている」と言っているそうですが、これって聖パウロが多重人格障害を持…
  3. モンテ・カルメロ修道院のはちみつと、天然ハーブを凝縮したハーブミックスのシロップです。木々が自らを守…
  4. 十字架は、ローマ人が東方から導入し、ローマ市民以外の罪人に対する残酷な処刑の道具として、コンスタンテ…
  5. 誘惑は誰にでもあります。甘い物を好きな人が、医者から止められているのにもかかわらずついつい食べてしま…

ピックアップ記事

  1. とまにちわ!かつての花街の面影を見せる四谷・荒木町界隈。1983年、荒木町は花街の歴史を…
  2. 矛盾を感じます。テモテには割礼を授けながら、その他のところでは割礼に反対しています。どうしてですか?…
  3. 外国に行って、ミサに与る時たとえ言葉は分からなくても、いま、第1朗読を読んでいる、福音書が朗読されて…
  4. 聖パウロはローマで斬首されたと聞いていますが、どこに書かれているのですか? 新約聖書に書かれています…
  5. 2016/11/19

    聖書週間
    日本の教会では、11月の第3日曜日から第4日曜日までを「聖書週間」と定めています。この期間、わたした…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »