家庭の友 2017年8月号

今年は、寺島尚彦氏が「さとうきび畑」を作詩作曲してちょうど50年になります。寺島氏との思い出や詩に込められた平和への思いを、娘さんの寺島夕紗子さん(ソプラノ歌手・洗足学園音楽大学講師)が執筆してくださいました。また新垣壬敏氏(作曲家)が、ご自身で作詞作曲した「平和の歌―ヌチドゥタカラ―」での思いを執筆してくださいました。「家庭の友」8月号の発行は、7月10日頃を予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017/7/21

    万人司祭職
    「初代教会の信徒たちは全員が祭司だと考えていた」という指摘がありましたが、その根拠が知りたいです。…
  2. 東日本大震災後77カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 麦と毒麦、稲と稗。どちらも苗が小さい時には区別がつけにくいものですが、大きく成長してくるにつれて見分…
  4. 2017/7/19

    2. 生い立ち
    ヤコブ・アルベリオーネは、一八八四年(明治一七年)四月四日北イタリアはピエモンテ州クオネ県フォッナー…
  5. 私のパウロ会との出会いは1954年のことです。聖パウロ女子修道会の二人のシスター(シスター・ローザさ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 聖ビンセンチオ・ア・パウロ司祭の記念日は、彼の帰天の日にあたる9月27日です。聖ビンセンチオ…
  2. 来週からベトナム語の学校が始まることもあり、今日はちょっと気分転換でメコンデルタへ行ってきました。…
  3. 一人の律法の専門家が「わたしの隣人とは誰ですか」(ルカ10・29)と尋ねることから話が始まります。…
  4. 教会での葬儀、納骨式、命日祭などで、献花に代えて焼香することが見られます(司祭の献香ではなく)。焼香…
  5. 今回は、9月10日に祝われる日本205福者殉教者を取り上げることにしましょう。日本で殉教した人として…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »