恐れることはないという種 年間第12主日(マタイ10・26〜33)

ある時、何人かで食事をしていたときでした。ある方が「皆さんにとって、イエス様はどこにおられますか?」と質問をされました。それぞれ人が、「天の国」と指を上に向けられたり、「自分の前を歩まれている」、「私の中に」と、自分にとって「イエス様がどこにおられるか」と話されました。最後に質問された方は、「私にとって、イエス様は、耳元におられるのです。そして、『あれをしなさい。それをしなさい。それはダメ』と耳元でささやかれるのです。」と話されました。人それぞれ、「私のイエス様の場所」は、違うようですが、改めて「私のイエス様の場所」を意識してもいいのかもしれません。

きょうのみことばは、イエス様が弟子たちを「福音宣教」に派遣す前に、彼らに心構えを伝える場面のようです。イエス様は、弟子たちに「旅に際しては、袋も2枚の下着も……」(マタイ10・10)とか「今、わたしはあなた方を遣わそうとしている。それは、狼の中に羊を送り込むようなものだ。」(マタイ10・16)のように話されます。弟子たちは、自分たちがこれから宣教に派遣される前にイエス様から話されたことを聞きながら「私たちにできるのだろうか」とだんだん不安になってきたのではないでしょうか。イエス様は、そんな弟子たちに「人々を恐れてはならない。」と言われます。

私たちは、初めて何かをするとき、自分の能力以上のものを任されたとき、苦手なことを頼まれたときなど、「私は、無事にできるだろうか」と不安な気持になるのではないでしょうか。私は、ある神父様から「四旬節の黙想を教会の信者さんにしてください」と頼まれたことがあります。私にとって、人の前で黙想指導することは初めての経験でした。私は、当日まで「大丈夫なのだろうか、うまく話すことができるだろうか」などと不安な気持でいっぱいでした。結果、無事に2日間の黙想指導をすることができました。

弟子たちにとってイエス様が言われた「人々を恐れてはならない」という言葉は、彼らにとって勇気を与えたことでしょう。イエス様は、「覆われているもので現れないものはなく、隠されているもので知られないものはない。」と言われます。これは、他のユダヤ人たちが理解できないために「今は、隠されているけれど、やがて知らされる天の国の栄光について」言われているようです。イエス様は、宣教の目的として、「天の国の栄光」を人々に伝えることを弟子たちに伝えたのです。私たちは、三位一体の神様との愛の交わりの素晴らしさを知っていますが、まだ、それを知らない人たちに「天の国の栄光」の素晴らしさを伝えるという使命をイエス様から頂いていると言ってもいいでしょう。

イエス様は「わたしが暗闇であなた方に話すことを、明るみで言いなさい。また、耳元でささやかれたことを、屋根の上から宣べ伝えなさい」と言われます。イエス様は、弟子たちが人々に【天の国の栄光】を伝えるために必要なことは、「『暗闇』とか『耳元でささやく』ような、注意をしていないと気がつくことができない時や場所で伝える」と言われているようです。私たちも、イエス様の声を聴き漏らさないように、いつも耳を傾けて行けたらいいですね。

イエス様は、「体を殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れることはない。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい。」と言われます。この箇所は、「殺す」とか「地獄で滅ぼす」とかちょっと怖い単語が並んでいますが、身近な言葉で言うと「言いたい人には、言わせていていい。私があなたと一緒にいますよ」と言われているのかもしれません。私たちは、周りの目が気になったり、人の意見に尻込みしたりする傾向があります。そんなとき、「私を守ってくださる方がいる」と思うと勇気を得るのではないでしょうか。

イエス様は、「2羽の雀」を用いたり、「髪の毛」を用いたりして「だから恐れることはない」と言われます。雀は、1羽では売り物とならないほど価値がないものでした。また、髪の毛も同じように、あまり価値がないものです。しかし、おん父は、それらにまでも気にされています。私たちは、ふだん気にしないような「髪の毛」でもおん父の愛が注がれていることに気がつくこと、価値がないような「雀」よりも愛されてくださる方がおられるということを意識したいものです。三位一体の神様は、私たち一人ひとりを包まれ、共におられ、必要なことを教えてくださったり、力をくださったりしてくださいます。だから「恐れることはない」のです。

きょうのみことばで使われる、「恐れることはない」という言葉は、「安心しなさい」と置き換えることができるかもしれません。イエス様は、私たちが宣教にあたって浮かんでくる「不安な気持」に対して、「安心しなさい。私がついていますよ。」言われているようです。私たちは、この言葉に信頼して「神の国の栄光」を伝えることができたらいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 聖パウロ協力者会・九州地方区の会報誌「きずな」(No.70)をご紹介いたします!神父や会員のコラ…
  2. パウロの誕生日がわかっていたら教えてください。回心と殉教の年代もお願いします。残念ながら、どれも…
  3. 伝承によれば、聖ルチアはディオクレツィアヌス帝による迫害の最中の303年12月13日にシチリア島のシ…
  4. とまにちわ!6月30日は「使徒パウロ」の祝日。パウロ家族固有の祝日です。今年も、若葉…
  5. ヤコブは、青少年時代も、身体が細く、栄養失調気味の蒲柳の質であった。母は、この子のために食べ物につい…
PAGE TOP
Translate »