二羽(庭)の雀 年間第12主日(マタイ10・26~33)

子どもの時の印象が強いためか、「二羽の雀」と聞くと、ついつい「庭の雀」を思い出してしまいます。しかも害をもたらす「庭の雀」。

小学生の頃、毎年秋になると稲刈りをし、稲穂を田んぼに数日間干した後、家の庭先で脱穀し、さらにそれをムシロの上に乗せて広げていたものでした。天気がよい日には、乾きがよいのですが、これ幸いとばかりにたくさんの雀がやってきます。あちこちピョン、ピョンと飛び跳ね、せっかくバランスよく広げた米を散らかしたりします。そのイメージが強いためか、私にとって雀は害鳥のイメージがしっかりと焼きついています。

「国語辞典」の中にも雀について「稲の穂などをついばむので、農民にはきらわれるが、害虫をよく食べる」「雀の涙」(ごくわずかな量のたとえ)、「雀百まで踊り忘れず」(幼い時に覚えたことは年をとっても忘れない)。何となく共感できるものがあります。

さて聖書の中で雀はどのような存在でしょうか。「二羽の雀が一アサリオンで売られているではないか」(マタ10・29)と言います。価値の低いものではあっても、大切な存在であることを語るメッセージです。1アサリオンはローマの青銅貨で1デナリオンの16分の1にあたります。その当時、1デナリオンが一日の賃金ですから、仮にそれを一万円とすると、1アサリオンは625円程度になります。1羽は300円程度だと、高いのでしょうか、安いのでしょうか…。ちなみに、私の父が養鶏場の仕事をしていた時、卵を産まなくなった雌鳥を処分し、近くの人たちに300円程度で売っていたのを記憶しています。

スウェーデンの歌手でレーナ・マリア・ヨハンソンさんという方がいます。彼女の歌の中に「二羽の雀」にちなんだ歌があります。二羽の雀でも神様は大切に養い育ててくださるメッセージが語られていて、澄んだ声とともにとても感動します。彼女自身「障がい」を持っていますが、それを乗り越える歌声と心に響くメッセージです。

どんな人も大切にしてくださる神様の愛を、二羽の雀のたとえから味わってみたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 典礼は年間の最後が近づくということで、少し私たちの歩みを振り返ってみてもいいのかもしれません。…
  2. とまにちわ!ワケあって手に入った、長崎は五島列島のお土産。五島と言えば、世界遺産候補の長…
  3. 東日本大震災後81カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. マリア・アンヌンチアータ会は、パウロ家族の中の在俗的奉献生活者の会としては、唯一、日本に存在し、活動…
  5. 「タラント」はギリシアで用いた計算用の単位で、6000ドラクメに相当します。1ドラクメがローマの銀貨…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 今日、「聖霊降臨」をお祝いしていますが、「聖霊」という表現を信者でない方が耳にした時、ちょっと違和感…
  2. 聖ヨハネ・ア・デオの典礼暦上の記念日は、その帰天の日にあたる3月8日です。ヨハネは、1495年にポル…
  3. ある日の、差し迫った用事もなかった午後、小金井市にある病院に一人の司祭を見舞いに行こうと車で出かけま…
  4. ヤコブは、青少年時代も、身体が細く、栄養失調気味の蒲柳の質であった。母は、この子のために食べ物につい…
  5. シリル・ジョン(インド出身)著 『とりなしの祈りの教本』よりの引用「マリアを通しての…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »