逃亡奴隷オネシモとエフェソの司教オネシモ

フィレモンへの手紙』に登場する逃亡奴隷オネシモは、後にエフェソの教会の司教様になったというのは本当ですか?

その可能性はありますが、証拠はありません。

エフェソにオネシモという司教がいたと証言しているのは、アンティオキアのイグナチオです。この司教はキリスト者に対する見せしめとして逮捕され、ローマのコロセオで野獣に殺されて殉教しました。彼の殉教は西暦110年と推定されています。イグナチオはローマに護送される途中、スミルナやトロアスにしばらく滞在しましたが、彼がスミルナに滞在中に、エフェソの司教がイグナチオに面会に来ました。この司教の名がオネシモでした。これはイグナチオが書いた『エフェソの教会への手紙』の中に明記されています。イグナチオ司教とオネシモ司教がスミルナで出会ったのは、西暦109年か110年のことでしょう。

いっぽう、パウロがフィレモンに宛てた『フィレモンへの手紙』に記されている逃亡奴隷オネシモがパウロに会ったのは、エフェソにおいてで、西暦53年頃と推定されます。この二つの出来事の年代差は、57年程です。

この二人のオネシモが同一人物か否かについては、何とも言えません。ただその時間差が57年程度ですから、同一人物である可能性は残されています。逃亡奴隷オネシモがパウロに出会った時、オネシモが血気盛んな18歳であったとすれば、イグナチオ司教とスミルナで面会したとき、オネシモは75歳になっていたことになります。あり得ない話ではありません。

『フィレモンへの手紙』が大切に保存され続けたのは、それが司教オネシモの若かりし頃のことを記した手紙であったからだと考える人もあります。事実、パウロの手紙の多くが後代に編集され、その一部は捨てられました。パウロ自身が手紙を書いたと言っているものの、失われて、現代には残っていない手紙もあります。こうした事を考え合わせると、たいへんユニークではありますが、教義的には重要とは思えない『フィレモンへの手紙』が失われなかったのは、それなりの理由があったためと考えることもできます。

奴隷が司教職に就けるのかという疑問もありますが、これは当時の教会では問題になりません。当時、教会にはたくさんの奴隷がいましたし、教会の役職についていた奴隷もいました。

「逃亡奴隷オネシモ」と「エフェソの司教オネシモ」を結ぶ確証はありません。結びつきを否定する確証もありません。

●回答者=鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ちょうど今の時期は夜明けが遅く、日没が早くなり、光のありがたさを特に感じる時期です。冬至も間近で、寒…
  2. ペトロアンデレの兄弟で、使徒たちのリーダーでした。ヨハネ福音書によると洗礼者ヨハネの弟子で、共観…
  3. アルベリオーネ神父は、神学校内での教育だけでなく、教会へ出かけて行って直接信者たちに接し、講演し、秘…
  4. 教会はイエス・キリストによって始められ、ペトロを中心とした弟子たちに引き継がれ発展していきました。…
  5. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 明日、10月19日は福者ティモテオ・ジャッカルド神父の記念日です♪福者ティモテオ・ジャッカルド神…
  2. サンパウロのキリスト教グッズレーベル<アレッタパオロ(aletta paolo)>から新商品のお知ら…
  3. 今回は、8月24日に祝われる聖バルトロマイ使徒を取り上げたいと思います。聖バルトロマイは、「十二人」…
  4. マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の原作を完全映画化した『沈黙-サイレンス-』。戦後日本文学の…
  5. 2017年3月16日~18日、メキシコのパウロ家族の集いが開催され、管区長、管区顧問、院長たちが集い…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »