逃亡奴隷オネシモとエフェソの司教オネシモ

フィレモンへの手紙』に登場する逃亡奴隷オネシモは、後にエフェソの教会の司教様になったというのは本当ですか?

その可能性はありますが、証拠はありません。

エフェソにオネシモという司教がいたと証言しているのは、アンティオキアのイグナチオです。この司教はキリスト者に対する見せしめとして逮捕され、ローマのコロセオで野獣に殺されて殉教しました。彼の殉教は西暦110年と推定されています。イグナチオはローマに護送される途中、スミルナやトロアスにしばらく滞在しましたが、彼がスミルナに滞在中に、エフェソの司教がイグナチオに面会に来ました。この司教の名がオネシモでした。これはイグナチオが書いた『エフェソの教会への手紙』の中に明記されています。イグナチオ司教とオネシモ司教がスミルナで出会ったのは、西暦109年か110年のことでしょう。

いっぽう、パウロがフィレモンに宛てた『フィレモンへの手紙』に記されている逃亡奴隷オネシモがパウロに会ったのは、エフェソにおいてで、西暦53年頃と推定されます。この二つの出来事の年代差は、57年程です。

この二人のオネシモが同一人物か否かについては、何とも言えません。ただその時間差が57年程度ですから、同一人物である可能性は残されています。逃亡奴隷オネシモがパウロに出会った時、オネシモが血気盛んな18歳であったとすれば、イグナチオ司教とスミルナで面会したとき、オネシモは75歳になっていたことになります。あり得ない話ではありません。

『フィレモンへの手紙』が大切に保存され続けたのは、それが司教オネシモの若かりし頃のことを記した手紙であったからだと考える人もあります。事実、パウロの手紙の多くが後代に編集され、その一部は捨てられました。パウロ自身が手紙を書いたと言っているものの、失われて、現代には残っていない手紙もあります。こうした事を考え合わせると、たいへんユニークではありますが、教義的には重要とは思えない『フィレモンへの手紙』が失われなかったのは、それなりの理由があったためと考えることもできます。

奴隷が司教職に就けるのかという疑問もありますが、これは当時の教会では問題になりません。当時、教会にはたくさんの奴隷がいましたし、教会の役職についていた奴隷もいました。

「逃亡奴隷オネシモ」と「エフェソの司教オネシモ」を結ぶ確証はありません。結びつきを否定する確証もありません。

●回答者=鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私が小学校5年生の頃に麻疹(はしか)の菌が原因で盲腸炎を起こして入院したことがあります。術後の痛さは…
  2. サイゴン市内を歩いていると、バイクを運転しながらケータイ電話をかけている状況を目にしたりします。とて…
  3. 今日のみことばの中に「わたしはイスラエルの失われた羊のためにしか遣わされていない」(マタ15・24)…
  4. とまにちわ!会員たちのエッセイとか日々の出来事が載っている、聖パウロ修道会の情報誌『希望の丘…
  5. 5年くらい前の7月中旬、フランシスコ会の友人と一緒に飯豊(いいで)山に登りました。福島県、新潟県、山…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017年7月27日から8月1日まで、ある修道会の年の黙想の指導を頼まれて、ベネディクト会(女子)の…
  2. 2017/1/25

    パウロの回心
    1月25日はパウロの回心を記念する日です。今回は、このパウロの回心について考えてみることにしましょう…
  3. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへのイースターメッセージをお届けします。ぜひご覧…
  4. 聖パウロ修道会公式Facebookページを開設いたしました。公式Facebookページでは、…
  5. 聖ベルナルドの記念日は、8月20日です。ベルナルドは、1091年に、フランスのブルゴーニュ地方にある…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »