「食べる」 キリストの聖体(ヨハネ6・51~58)

「食べる」という言葉を、ギリシア語で主に3つ見いだすことができます。よく使われるのが「エスティエイン」です。これは「食べる」「食う」「「食い尽くす」の意味があり、目的語には「パン」がよく使用され、「飲む」とよく一緒に使われたりもします。第二に「ファゲイン」。これは「大食い」「大食漢」「食をむさぼる」の意味があり、大酒飲みなど(マタ11・9、ルカ7・34)と一緒に登場したりします。第三は「トロゲイン」。これは「噛み砕く」「食べる」の意味があります。「食べる」とはいえ、微妙に表現が違っています。

さて今日の福音ではどの表現が使われているのでしょうか。「このパンを食べる(ファゲイン)ならば」(ヨハ6・51)、「人の子の肉を食べ(ファゲイン)」(6・53)、「わたしの肉を食べ(トロゲイン)」(6・54)、「わたしの肉を食べ(トロゲイン)、わたしの血を飲む者」(6・56)と、「食べる」という用語だけで、何回でも登場します。しかも一般的な「エスティエイン」ではなく、「ファゲイン」「トロゲイン」ですから、動物のようにガツガツ食べたり、みっともない食べ方の表現が使われていますので、礼儀正しいユダヤ人たちにしてみれば、激しく議論をしたくなるのも分かるような気がします。またイエスは「その血を飲まなければ」と言いますが、「血を飲むこと」はユダヤ教では厳しく禁じられ(レビ17・10~14)ていました。しかし、イエスはそうすることで永遠のいのちを持つことを主張していきます。この発言によっても、彼らはさらに怒り心頭に達したことでしょう。

また「互いに激しく議論する」はギリシア語で「マコマイ」が使われ、「戦う」「つかみ合う」といった意味もあり、かなり激しいつかみ合いのけんかを想像してしまいます。イエスが語った「食べる」ことが、議論の発端ともなっています。

キリストの聖体の祭日にあたり、キリストの体をどのような形で私たちがいただくかのヒントを見いだすことができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. とまにちわ!また会いに来てくれてありがとうございます。久しぶりに、いただいたお便りをご紹…
  2. 私が20代の頃でしょうか、母から「最近物忘れがひどくなるし、耳も聞こえにくくなった」と言われたことが…
  3. 今年のノベナは、創立者の精神にスポットを当てて作成しています。そのため、第二朗読は、創立者の著書から…
  4. 2017年10月16日から21日まで、イタリアのアリッチャで第2回聖パウロ修道会出版社・編集…
  5. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 【ベストセラーランキング】サンパウロ全店舗の売れ筋ランキングをご紹介します☆ご購入のご参考に…
  2. 2017年2月20日~21日、インドのベンガルにてホセ・ポッタイル神父(総顧問・CTIAの総責任者)…
  3. 今年は、寺島尚彦氏が「さとうきび畑」を作詩作曲してちょうど50年になります。寺島氏との思い出や詩に込…
  4. 典礼暦上、二月十一日はルルドの聖母の記念日です。教皇ヨハネ・パウロ二世は数年前、この日を「世界病者の…
  5. 一か月以上も前のことですが、知り合いのシスターからの紹介で、東京都内にあるカトリック系の児童発達支援…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »